トップへ

サンプル送付方法

梱包の方法

サンプルチューブ

サンプル名を明記した1.5mL容量のマイクロチューブに分注し、パラフィルムで巻いてください。

FFPEスライド

スライドガラスケースに入れ、破損しないように緩衝材で保護してください。

梱包

  • 発泡スチロール等の箱に入れ、冷凍便の場合は十分な量のドライアイス、冷蔵便の場合は十分な量の保冷剤を入れてください。
  • 受託サービス依頼書に、ご所属・ご氏名・サンプル情報をご記入いただき、ビニール袋等に入れて同封してください。

ご注意事項

検体について

  • ヒト臨床検体の場合は、倫理委員会の承認(インフォームド・コンセント)を得ていることが条件となります。また、検体は必ず匿名化してください。
  • 感染性(HIV、HBV、HCV 等)のあるサンプルについては、取り扱いができないこともございますので、事前にご相談ください。

溶解するバッファについて

  • サンプルはNuclease Free Waterに溶解し、ご送付ください。TEバッファなどのEDTAを含むバッファに溶解した場合、データが取得できない可能性があります。

チューブについて

  • 低容量チューブ(0.5mL、0.2mLのPCR用など):材質が弱く、輸送や保管に不向きです。
    核酸・セルペレットなどの場合、1.5mLのヒンジ付きマイクロチューブが適しています。
  • スクリューキャップのチューブ:蓋の落下や取り違えなどの事故につながります。
    5mL以上サンプルの場合は、スクリューキャップのチューブで差し支えございません。

チューブにシールを貼る場合

  • -80℃以下での使用が可能なサンプルシールを使用し、フタの部分のみに貼り付けてください。
  • シールがはがれるサンプルの判別が困難になりますので、シールを張る場合も、油性マジックを用いて、チューブ側面にサンプル名または番号を記入してください。

サンプル名

  • サンプル名をデータファイル名に使用します。
  • 英数字、-(ハイフン)以外の文字は使えません。

サンプル要件

核酸抽出(RNA)
核酸抽出(DNA)
遺伝子発現解析、miRNA発現解析
アレイCGH解析
RNA-Seq
miRNA-Seq・Small RNA-Seq
がん遺伝子パネル解析
エクソーム解析
ChIP-Seq
16S rRNA解析(細菌叢解析)
次世代シーケンス(NGS)ライブラリ

核酸抽出(RNA)

total RNA(細胞・新鮮凍結組織・FFPE)

RNA
対象核酸 total RNA
検体の種類 細胞 新鮮凍結組織 組織
(FFPE)
検体量・
固定化法
10^6程度の細胞を
スピンダウンし、
培地成分をしっかり
取り除く
5mm角程度の組織
をRNAlater等で
安定化処理する
切片面積
100 ~ 250mm2,
5~10μm厚
程度※
送付方法 冷凍 冷凍 冷蔵
抽出方法
  • ThremoFisher TRIzol
  • QIAGEN RNeasy Mini Kit
  • QIAGEN miRNeasy Mini Kit
  • QIAGEN RNeasy FFPE Kit
  • TakaraBio NucleoSpin
    FFPE Kit
QC 項目 吸光度
ゲル電気泳動
吸光度
ゲル電気泳動
吸光度
ゲル電気泳動

※必要なRNA量により異なります。

total RNA(全血)・cfRNA・エクソソーム RNA(血漿・血清・培養上清)

RNA
対象核酸 total RNA cfRNA エクソソーム RNA
検体の種類 全血 血漿・血清・
培養上清
血漿・血清・
培養上清
検体量・
固定化法
PAXgeneRNA採血管で
採血後冷凍状態で送付
血漿・血清:2mL程度を
0.2μmフィルタで処理

培養上清:15mL程度を
0.2μmフィルタで処理
血漿・血清:2mL程度を
0.2μmフィルタで処理

培養上清:15mL程度を
0.2μmフィルタで処理
送付方法 冷凍 冷凍 冷凍
抽出方法
  • QIAGEN PAXgene
    Blood RNA Kit
  • QIAGEN PAXgene
    Blood miRNA Kit
  • QIAGEN miRNeasy
    Serum/Plasma Kit
  • QIAGEN exoRNeasy
    Serum/Plasma Kit
  • QIAGEN miRNeasy
    Micro Kit
QC 項目 吸光度
ゲル電気泳動
ゲル電気泳動 ゲル電気泳動

核酸抽出(DNA)

ゲノムDNA(細胞・新鮮凍結組織・FFPE)

DNA
対象核酸 ゲノムDNA
検体の種類 細胞 新鮮凍結組織 組織
(FFPE)
検体量・
固定化法
10^6程度の細胞を
スピンダウンし、
培地成分をしっかり
取り除く
5mm 角程度の組織 切片面積
100 ~ 250mm2,
5 ~ 10 μ m 厚
程度※
送付方法 冷凍 冷凍 冷蔵
抽出方法
  • QIAGEN QIAamp DNA Mini Kit
  • QIAGEN GeneRead
    DNA FFPE Kit
  • QIAamp DNA
    FFPE Tissue Kit
  • QIAGEN Allprep
    DNA/RNA Mini Kit
QC 項目 吸光度
ゲル電気泳動
吸光度
蛍光度
ゲル電気泳動
吸光度
蛍光度
ゲル電気泳動
qPCR

※必要なDNA量により異なります。

ゲノムDNA(全血)・cfDNA(血漿・血清)

DNA
対象核酸 ゲノムDNA cfDNA
検体の種類 全血 血漿・血清
検体量・
固定化法
EDTA 採血管で採血した
2mL 程度の血液
Streck Cell-Free DNA BCT
送付方法 冷凍
ただし、採血後ただちに
送付する場合のみ冷蔵可
室温
抽出方法
  • QIAGEN QIAamp
    DNA Blood Mini Kit
  • QIAGEN QIAamp
    Circulating Nucleic Acid Kit
QC 項目 吸光度
蛍光度
ゲル電気泳動
蛍光度
ゲル電気泳動

遺伝子発現解析、miRNA発現解析

  RNA量 濃度 OD260/280 性状
total RNA
(真核・原核)
500ng
以上
50ng/μ L
以上
1.5 以上 28s/18s:1.8以上
推奨
RIN値:7以上
total RNA
(微量サンプル)
500pg
以上
-
total RNA
(FFPE 由来)
100ng
以上
10ng/μL
以上
-
エクソソーム分画
血漿または培養上清由来  ※ 4
20ng
以上
- -

※4 miRNA発現解析のみ。

アレイCGH解析

ゲノム
DNA量
濃度
(ng/μL)
OD260/
280
性状
aCGH - 標準- 4000ng
以上
80ng/μL
以上
1.8-2.0 分解が進んでいないこと
aCGH - 微量サンプル- 100ng
以上
10ng/μL
以上
1.8-2.0

RNA-Seq

RNA量 濃度 OD260/280 RIN値 送液量
total RNA 1μg以上 100ng/μL
以上
1.5以上 7以上 10μL
以上
FFPE 由来
total RNA
500ng以上 100ng/μL
以上
- - 10μL
以上
微量
total RNA
10pg ~10ng - - 10μL
以上
細胞数 備考
微量細胞 1 ~ 500 cells 事前にサンプリングの方法についてお打ち合わせが必要です。 必ず予めご相談ください。
  • 有機溶媒が混入していない、カラム精製をしたtotal RNAをご送付ください。
  • RNAは DNase 処理を行い、DNA のコンタミネーションがない状態のサンプルをご送付ください。

miRNA-Seq・Small RNA-Seq

RNA量 濃度 OD260
/280
RIN値 送付液量
total RNA
(microRNA含む)
1μg
以上
100ng/μL
以上
1.5以上 8以上 10μL
以上
濃縮
Small RNA
500ng
以上
50ng/μL
以上
1.5以上 - 10μL
以上
エクソソーム
分画由来
total RNA
(miRNA含む)
1ng
程度
※5
- - - 10μL
以上
RNA抽出する
血清または血漿
400μL
以上
エクソソーム分画 ※6 - - - ※6
エクソソーム分離後
にRNA抽出をし、
miRNA-seqをする
血清・血漿・培養上清
- - - - 細胞培養上清:
15mL以上

血清・血漿:
2mL以上

抗凝固剤について:採血の際に使用する抗凝固剤はEDTAをお使いください。
ヘパリンを使用したサンプルは、ライブラリ調整時にヘパリナーゼ処理が必要となります。
事前にご相談ください。

※5 エクソソーム分画由来total RNAは1ngからシーケンスライブラリー調製が可能ですが、全量で10ngを下回るサンプルはクオリティチェックが実施できません。ご注意ください。
※6 超遠心等で分画したエクソソームの送付量については、お打ち合わせの上決めさせていただきますので予めご相談ください。

  • 抽出時に使用している有機溶媒が混入していないtotal RNAをご送付ください。
  • RNAはDNase 処理を行い、DNA のコンタミネーションがない状態のサンプルをご送付ください。

がん遺伝子パネル解析
(QIAGEN QIAseq Targeted DNA Panels, AmpliSeq™ for illumina Cancer Hotspot Panel v2)

ゲノムDNA量 濃度 OD260
/280
OD260
/230
性状 液量
200ng以上
(お問合せ
ください)
10ng/μL
以上
1.5以上 1.0以上 分解やRNAの
コンタミがないこと
20μL
以上
  • FFPE サンプルから抽出したゲノム DNA の場合は 400ng 以上ご用意ください。
  • 抽出時に使用している有機溶媒が混入していない DNA をご送付ください。
  • DNA はRNase 処理を行い、RNA のコンタミネーションがない状態のサンプルをご送付ください。

エクソーム解析

ゲノムDNA量 濃度 OD260
/280
OD260
/230
性状 液量
100ng
以上
10ng/μL
以上
1.5以上 1.0以上 分解やRNAの
コンタミがないこと
10μL
以上
  • 有機溶媒が混入していない、カラム精製をしたDNA をご送付ください。
  • DNA はRNase 処理を行い、RNA のコンタミネーションがない状態のサンプルをご送付ください。
  • FFPE 由来 DNA や微量 DNA も解析可能です。お問合せください。

ChIP-Seq

ChIP後dsDNA量 濃度 OD260/280 サイズ 性状
100ng以上 200pg/μL以上 1.5以上 200~800bp 2本鎖であること
  • クロマチン免疫沈降(ChIP)後のサンプルをご用意ください。

16S rRNA解析(細菌叢解析)

  • 糞便、唾液、皮膚など。
  • お客様ご自身で抽出されたDNA サンプルにも対応します。
    DNA サンプルの電気泳動写真およびQubit によるds DNA 濃度測定の測定結果のご提供をお願い致します。お客様ご自身で電気泳動あるいはDNA 濃度測定を行っていない場合、別途QC 費用が必要となります。
    ※サンプル採取方法(採取キット等)に関する説明書をご用意しております。必ずご依頼前にご相談ください。
    ※対応生物種:Human、Mouse(その他生物種についてはお問い合わせください)

次世代シーケンス(NGS)ライブラリ

機種 濃度 液量
MiSeq 5nM 20μL以上
NextSeq500 5nM 20μL以上
NovaSeq6000 10nM 20μL以上
HiSeqX 5nM 20μL以上
  • 調整済みシーケンスライブラリーは、qPCRで定量して上記の濃度・液量に調整してください。

サンプル送付先

株式会社DNAチップ研究所
技術サポートセンター
〒105-0022
東京都港区海岸1-15-1スズエベイディアム5階
TEL:03-5777-1688

  • 送付の際は、事前にご連絡の上で、祝祭日を除く、月曜から金曜日到着にてお送りください。
  • 送料はお客様ご負担でお願いいたします。
  • 納品後のサンプル返送も承っております。

Contact

お問い合わせ

受託サービス・取扱製品に関するお見積もり、ご依頼、お問い合わせは下記より担当窓口へお問い合わせください。