トップへ

遺伝子検査

肺がん

乳がん

がん関連その他

生殖関連

遺伝子検査と層別化医療

遺伝子(ゲノム)は、生物をかたち作る遺伝情報の担い手であることが知られています。しかし、遺伝子の役割は親から子へとその形質を伝えるだけではありません。個体の中で遺伝子が変化したり(変異)、発現量が変わることで疾患の原因となったり、病態や薬の効果、予後にも関連することが近年の研究でわかってきました。このような研究成果を背景に、遺伝情報に基づく検査や治療は発展してきました。最近では、疾患治療の層別化(層別化医療)が謳われるようになり、遺伝子解析技術の重要性がますます高まっています。

遺伝子解析技術

遺伝子解析技術の主なものには、PCR法、マイクロアレイ、シーケンシングがあります。
PCR法は、決まった変異や配列の有無を調べる手法で、1個から比較的少数の遺伝子の変異や発現を調べるのに用います。
マイクロアレイは、発現量の変化やゲノム異常を調べるために用います。マイクロアレイでは数万遺伝子を網羅的に調べることができますが、あらかじめデザインされた配列と同じ配列を検出します。
シーケンシングは、遺伝子(核酸)の配列を決める技術で、大きく分けるとサンガー法と次世代シーケンス(NGS)があります。サンガー法では個別の遺伝子領域(遺伝子配列の中の特定の箇所)を1つずつ調べ、配列を決めていくのに対し、次世代シーケンスでは複数遺伝子について多検体をまとめて調べることができること、また、高感度な検出が可能なことが特徴です。次世代シーケンスでは定量的な解析も可能なため、配列を決定するだけでなく発現量を調べることもできます。

DNAチップ研究所が取り扱う遺伝子検査

DNAチップ研究所のEGFR遺伝子検査(EGFRリキッド)は、大阪府立成人病センター(現在の大阪国際がんセンター)と共同開発した次世代シーケンスによる検査で、肺癌治療においてコンパニオン診断に用います。各検体、各遺伝子領域につき、10,000回以上配列決定を行うことで高い検出感度を得ています。研究用検査であるEGFR-NGSチェックをもとに開発されました。
MammaPrint、BluePrint は、オランダのAgendia社が開発した検査で、乳癌の術後のリスク判定、化学療法の有効性判定、分子サブタイピングを行います。マイクロアレイ技術を用いた多変量アッセイ(多遺伝子アッセイ)としてFDAで初めて承認された検査ですが、現在はシーケンシング技術の進歩によりNGSで検査が行われています。遺伝子発現解析という共通の技術要素などを背景に、DNAチップ研究所が取り扱うようになりました。

Contact

お問い合わせ

本検査に関するお見積もり、ご依頼、お問い合わせは下記より担当窓口へお問い合わせください。