トップへ

マンマプリント(医療従事者向け)
乳がん再発予測多遺伝子アッセイ

MammaPrintとBluePrint検査でわかる事

ゲノムプロファイリング検査(多遺伝子アッセイ、遺伝子発現解析)が行われる以前は、乳がんの治療方針は患者の年齢、がんのグレード、リンパ節転移、ホルモン受容体などの臨床病理学的因子に基づき決められていました。これらは考慮すべき因子ではあるものの、患者のがんを表面的にとらえたにすぎません。

今では、遺伝子発現解析を行うことで、がんに関与する遺伝子の働きをみることができます。遺伝子などの検査の結果と臨床因子を組み合わせることでがんを包括的にとらえ、患者ごとに異なるがんに対して、それぞれに適した治療を提案できるようになりつつあります。

Contact

お問い合わせ

本検査に関するお見積もり、ご依頼、お問い合わせは下記より担当窓口へお問い合わせください。