トップへ

C3チェックサービス Plus

C3チェックサービス

特徴

C3チェックサービス (aCGH for Cultured Cell Check Service ) は、培養工程(継代)における品質評価用アレイCGH法解析です。

再生医療用細胞をin vitroで継代培養し臨床応用を目指すとき、ゲノムの構造変化を知ることが重要です。当社で開発したがん関連遺伝子領域に高密度にプローブを配置したカスタムアレイで、細胞培養時のゲノムコピー数変化を高解像度で検出します。細胞培養時におけるゲノムコピー数変化を高解像度でとらえることができます。

  • カスタムアレイCGH解析による培養細胞の品質評価サービスです。
  • 培養工程(継代)におけるゲノムコピー数異常を高精度に検出します。
  • がん関連遺伝子領域の検出プローブ数を高密度に搭載しています。
    再生医療等評価部会提示の腫瘍関連遺伝子(1,675)にも対応したプローブデザイン。
  • 再現性のあるデータ解析をおこなうため、Dye-Swap検証を実施します。
  • アプリケーションノートは、こちらからご参照いただけます。
    C3チェックサービス -再生医療分野での培養工程(継代)における品質評価用アレイCGH法解析-

サービス概要

1.ゲノムDNAの抽出

矢印 矢印

2.サンプルのクオリティチェック

矢印 矢印

3.ゲノムDNAのラベル化

矢印 矢印

4.C3チェック実験・データ解析

矢印 矢印

5.検査レポートの作成

作業概要

  1. DNAの品質確認(DNA Quality Check)を行います。
  2. 制限酵素を用いてゲノムDNAを断片化します。Random PrimerとExo-Klenow Fragmentを用いて断片化したゲノムDNAの相補鎖を合成します。コントロールとテストサンプルをそれぞれCy3、Cy5ラベル化をDye-Swapで行います。
  3. ハイブリダイゼーションを行い洗浄後、スキャナーにより蛍光を検出をおこない蛍光強度を数値化してコピー数変化を生じたゲノム領域の検出を行います。

データ解析

1.生データ

矢印 矢印

2.データの整形

矢印 矢印

3.コピー数変化領域の検出

納品物

本サービスは測定結果レポートのみのご返却となります。
アレイ実験raw dataのご返却は行いません。

  • sample
  • sample

納期

サンプルのクオリティチェック(QC)通過後、1か月程度

サンプルについて

細胞数 サンプル送付方法
1×105以上 ①培養液を除き、PBSなどで洗浄してください
②トリプシン処理を行い剥離させた細胞を回収します
③遠心後できるだけ上清を取り除き、ペレットのみの状態としてください
  • お送りいただくサンプルはtest( 継代培養後の細胞) とreference( 培養初期の細胞) の2種類 ご用意ください。
  • サンプルは冷凍状態でご送付ください。
  • サンプル量が実験の基準に満たない場合、サンプルの再送付をお願いすることがございます。
sample

Contact

お問い合わせ

受託サービス・取扱製品に関するお見積もり、ご依頼、お問い合わせは下記より担当窓口へお問い合わせください。