マンマプリント

乳癌予後予測検査マンマプリント

マンマプリント(医療関係者様向け情報)

検査レポート

真のリスク分類を理解するために

マンマプリント レポート

このように開発されたマンマプリントには中間リスクという分類はありません。ローリスクかハイリスクかの2分類を実現しています。

従来の病理基準と合わせてマンマプリント検査結果を考慮ください。遺伝子発現プロファイルでローリスクならホルモン療法単独が考慮されますし、ハイリスクなら化学療法の恩恵があること考慮されます。

従来の分類基準に新しい選択肢を増やすことで、より強力な治療方針が見えてくるはずです。

Low Risk
ローリスクと分類されたリンパ節転移陰性の患者様は追加補助療法なしで10年以内の転移再発の可能性を10%持つと示されています。(参考文献1、2)
High Risk
ハイリスクと分類されたリンパ節転移陰性の患者様は追加補助療法なしで10年以内の転移再発の可能性を29%持つと示されています。(参考文献1、2)

参考文献
1) FDA Label - USFDA Clearance; http://www.accessdata.fda.gov website.
2) Buyse M, Loi S, van ’t Veer L, et al., J Natl Cancer Inst 2006;98(17):1183-1192

お問い合わせ

マンマプリントに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームまたは下記窓口までお願い致します。

サポートセンター(平日9:30~17:30)
TEL:03-5777-1687FAX:03-5777-1689
お問い合わせフォーム