マンマプリント

乳癌予後予測検査マンマプリント

ブループリント(医療関係者様向け情報)

検査レポート

ブループリントで腫瘍のバイオロジーをさらに深く

ブループリント レポート

ブループリントは患者様別の腫瘍の特性についての情報をお知らせするものです。マンマプリントによる「ローリスク」「ハイリスク」の分類に続いて、他のリスク指標とともに用いることによって、ブループリントは個々の乳癌患者様の治療計画決定をより的確にテーラーメード化することができます。

Assay Description 測定の詳細について

遺伝子発現解析は乳癌の不均一さ(多様さ)を明らかにし、ゲノムプロファイリング(ゲノム分析)により内因的サブグループ別に病気を分類できることが分かってきました。(参考文献1)ブループリント分子サブタイピングプロファイルは、腫瘍の内因的サブグループであるBasal-type/基底細胞型、Luminal-type/管腔細胞型、ERBB2-type/ERBB型を識別するようにデザインされました。(参考文献2)ブループリントシグニチャーは、これらの3サブタイプに特徴的な80遺伝子のRNAレベルを測定します。研究開発には295名の患者コホートからの腫瘍が用いられました。最先端の生物学的統計ツールを用いて、アジェンディア社では3タイプ間を最適に識別する遺伝子セットを同定しました。遺伝子発現プロファイルは、三重のクロスバリデーション(相互検証)を経て同定されました。基底細胞型、管腔細胞型、ERBB型に呼応するトレーニングサンプルで分類の最適化は80遺伝子セットという結果に到達しました。次に、80遺伝子プロファイルを用いて最短重心法による分類法を開発し、全サンプルに対し、乳癌の分子サブタイプを最も正確に分類できました。ブループリント分子サブタイピングプロファイルは、続いて別の374サンプルによって検証され、Perou等(参考文献1、2)によって記述されたサブグループ(ノーマル様型を除外)に高次に一致することを実証しました。

参考文献
1. Perou CM, Sørlie T, Eisen MB, van de Rijn M, Jeffrey SS, Rees CA, Pollack JR, Ross DT, Johnsen H, Akslen LA, Fluge O, Pergamenschikov A,Williams C, Zhu SX, Lønning PE, Børresen-Dale AL,Brown PO, Botstein D. Nature. 2000 Aug 17;406(6797):747-52.
2. Stork-Sloots L, Krijgsman O, Roepman P, et al. Combining multi-gene profiling of molecular subtypes with the 70-gene profile for classification of breast cancer. J Clin Oncol 27:15s, 2009 (suppl; abstr 11083)

Basal-Type
【Basal-type・基底細胞型】
Basal-type基底細胞型乳癌は、基底・筋上皮細胞の遺伝子発現が特徴です。基底細胞型乳癌は、一般的にER,PR,HER2(neu)のトリプルネガティブで特徴的な遺伝子発現プロファイルを持っています。トラスツズマブやラパチニブなどのホルモン療法や抗HER2療法よりもむしろ、化学療法が有用だと考えられています。分子サブタイピングで基底細胞型の結果が示された時は、腫瘍が基底細胞型内因性のサブタイプに類似していることを示します。

Luminal-Type
【Luminal-type・管腔細胞型】
Luminal-type管腔細胞型乳癌は、乳管や乳腺に並んだ内腔上皮細胞の遺伝子発現が特徴です。管腔細胞型乳癌は、一般的にホルモン受容体陽性で、そのためホルモン療法によく反応するとされています。分子サブタイピングで管腔細胞型の結果が示された時は、腫瘍が管腔細胞型内因性のサブタイプに類似していることを示します。
マンマプリント70遺伝子シグニチャーで「ローリスク」と分類されていた場合は、管腔細胞型はluminal Aに類似した臨床過程が想定されます。通常、luminal Aはホルモン療法が処方されます。MammaPrintで「ハイリスク」と分類されていた場合で管腔細胞型なら、luminal Bに類似した臨床過程が想定されます。通常、luminal Bは化学療法を含むより強めの治療法からの効果が期待できます。

ERBB2-Type
【ERBB2-type・ERBB型】
ERBB型乳癌は、HER2遺伝子座の増幅あるいは過剰発現が特徴です。ERBB型乳癌は、一般的にHER2陽性腫瘍(HER2/neu positive)です。ERBB型乳癌は成長が早く、再発の可能性もあるのが特徴ですが、トラスツズマブやラパチニブのような分子標的薬の治療が処方されます。分子サブタイピングでERBB型の結果が示された時は、腫瘍がERBB2内因性のサブタイプに類似していることを示します。

お問い合わせ

マンマプリントに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームまたは下記窓口までお願い致します。

サポートセンター(平日9:30~17:30)
TEL:03-5777-1687FAX:03-5777-1689
お問い合わせフォーム