2020年8月20日
肺がんの遺伝子検査用DNA 標準プレート
「RICOH Standard DNA Series EGFR mutation Type001」を発売
~血液を用いた高感度遺伝子検査の精度向上に貢献~

 株式会社リコー(社長執行役員:山下良則)と株式会社DNAチップ研究所(代表取締役社長:的場亮)は共同で、血液を用いた肺がんの遺伝子検査の精度管理に用いることができる標準物質として、DNA 標準プレート「RICOH Standard DNA Series EGFR mutation Type001」を開発し、本日発売します。

 肺がん患者の血液の中に含まれるごく少量のがん細胞由来のDNA 分子を検出する高感度な遺伝子検査の精度を確認することが可能となり、検査の精度向上に貢献します。

プレスリリースはこちらPDF

株式会社リコー 製品サイトはこちら(外部リンク)