研究開発

免疫年齢

ヒトの免疫機能は、加齢とともに衰えることが知られています。
我々はこれまでに、免疫細胞が豊富に含まれる血液の網羅的遺伝子発現データを解析することにより、加齢とともに極めて再現性良く変動する遺伝子群の抽出に成功しております。
これまでにない新規の加齢マーカーとして、生物学的加齢のモニタリングツールとしての応用を見据え、現在さらに詳細な研究を進めております。

■ 学会発表

学会名演題発表者
2014年
第37回日本分子生物学会年会
加齢を反映する遺伝子発現バイオマーカーの探索 畑 隼平
2010年
第17回日本未病システム学会学術総会
RNAチェックによる未病診断の可能性 石澤洋平

■ 特許

番号発明の名称出願人
特願2009-249519
特開2011-92100
生理的状態変化と生理的状態に変化を与える要因の効果を評価する遺伝子マーカー、評価方法、評価システム、及びコンピュータプログラム 株式会社DNAチップ研究所