EGFR-NGSチェック

EGFR-NGSチェックとは(医療関係者様向け情報)

EGFR-NGSチェックとは

概要

EGFR-NGS チェック は血中腫瘍DNA を用いて非小細胞肺癌患者に対し、上皮成長因子受容体(EGFR) に対するチロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI) の感受性変異の検出をおこないます。

※ 本検査は大阪府立成人病センター(現大阪国際がんセンター)の研究成果をもとに、DNA チップ研究所と同センターが共同開発した検査です。

  • NGS による高感度な EGFR変異検出の製品版
  • 低侵襲なリキッドバイオプシー検査(血漿)
  • 最も検証された血中腫瘍 DNA 定量検出システム
  • 288症例の多施設前向き試験で検証
    -対象疾患:非小細胞性肺癌( Ⅲ B 及びⅣ期)
    -EGFR 活性化変異:エクソン19欠失,L858R ,L861Q, L861R
    -EGFR 耐性変異:T790M,C797S

お問い合わせ

EGFR-NGSチェックに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームまたは下記窓口までお願い致します。

サポートセンター(平日9:30~17:30)
TEL:03-5777-1687FAX:03-5777-1689
お問い合わせフォーム