2018年3月23日
日本薬学会 第138年会、第4回国際創薬シンポジウム で発表のお知らせ

日本薬学会 第138年会、第4回国際創薬シンポジウム で分子バーコード技術によるがん遺伝子パネル解析に関する発表を行います。

URL: http://nenkai.pharm.or.jp/138/web/en/symposium.html
会期: 平成30年3月25日~28日
会場: 金沢市アートホール、もてなしドーム 地下イベント広場

 当社は来る3月27日に、日本薬学会 第138年会と併設の第4回国際創薬シンポジウムにて発表を行います。

 当社はがん細胞の遺伝子変異を診断する技術の事業化や、将来必要となる診断の新技術開発を積極的に進めております。 近年、非侵襲的にがん細胞由来の遺伝子変異をモニタリングするリキッドバイオプシーの需要が高まっています。 その中でも、がん細胞由来の単独の遺伝子変異ではなく、複数の変異を検出するパネル解析のニーズは特に高まっています。 当社はこうしたニーズに対応する次世代の新技術として、NOIR-SSという分子バーコード技術を確立してきました。 遺伝子のパネル解析では次世代シーケンサーを用います。 しかし、次世代シーケンサーには、シーケンスエラーやPCRに伴うエラーという問題があり、 時にこれらの問題ががん診断を誤らせてしまうリスクがあります。 これらのエラーと腫瘍由来の希少変異を区別する方法として、分子バーコード技術が注目されています。 今回の発表では当社が開発しましたNOIR-SSという分子バーコード技術によるがん遺伝子パネル解析について発表致します。 ぜひご参加いただけましたら幸いです。

Short Presentation for Invited Poster Presentation
【日時】3月27日 14:15~15:45
【場所】金沢市アートホール 6F ホール
Poster Presentation
【日時】3月27日 15:55~16:45
【場所】金沢駅もてなしドーム 地下イベント広場

【演題番号】 27O-ISMS29
【演題名】 A NGS-based liquid biopsy gene panel assay with molecular barcode technology
【演者】 Yoshiharu Sato1, Yoji Kukita2, Ryo Matoba1, Kikuya Kato2
  1. DNA Chip Research Inc.
  2. Laboratory of Medical Genomics, Nara Institute of Science and Technology
【概要】 Recently, there is a growing demand for non-invasive liquid biopsy test in the field of cancer therapy. For example, genetic information from tumors can be obtained by liquid biopsy and assist to assess responses to certain treatments, such as epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor (EGFR-TKI) in lung cancer. Deep sequencing analysis by Next Generation Sequencer (NGS) is a promising approach to detect rare mutation in circulating tumor DNA (ctDNA), namely cell-free DNA in plasma. The current technical obstacle of NGS is the high read error rate and PCR error introduced during library construction. Molecular barcoding technique (tagging of the individual DNA by the unique molecular identifier) has been developed as an effective solution to eliminate such PCR/sequencing errors by using consensus reads generated from multiple sequence reads of a single molecule. We have developed NGS-based gene panel assay system for liquid biopsy, named NOIR-SS (Non-overlapping Integrated Read Sequencing System). In this system, original DNA molecular barcoding technique is implemented to accurately detect the rare mutations. NOIR-SS offers the high sensitivity and precise estimation of the absolute molecular count of mutated ctDNA. NOIR-SS has high potential to offer the useful applications in the development of companion diagnostics, continual monitoring of tumor progression, and early diagnosis of cancer.