トップへ

その他アレイサービス

カスタムアレイの作製

特徴

標準カタログアレイにない生物種 (原核生物など) や、ご自身で決定された生物種のインハウス配列などでマイクロアレイ実験を行う場合、カスタムアレイを作製する必要があります。
カスタムアレイの作製はアジレント社が提供しているeArrayを用いたプローブ設計です。
遺伝子配列の特異性が高く、クロスハイブリを避けた設計を行います。
1遺伝子につき1つのプローブを設計します。
遺伝子発現解析、miRNA発現解析、CGH等のアレイを作ることが出来ます。

サービス概要

  1. 設計対象配列準備
  2. 設計作業
  3. 特異性評価

ご要望をヒアリングしたうえで、設計対象の配列を準備し、 Agilent Technologies社が提供しているeArrayを用いて設計作業を行います。
Agilent Technologies社製マイクロアレイに関する基礎データについては、こちらをご参照ください。

アジレントマイクロアレイのスキャン (読み取り)

特徴

Agilent Technologies社製マイクロアレイのスキャン (読み取り) を行います。
マイクロアレイスキャナーでスキャン後、結果を数値化します。
数値化には、アジレント社製数値化ソフトウェア (FeatureExtraction) を使用します。
スキャンのみのご依頼も可能です。
スキャナーをお持ちでない方は是非ご依頼下さい。

注意点
Agilent Technologies社製マイクロアレイで1色法 (Cy3-CTP標識) に限ります。

Contact

お問い合わせ

受託サービス・取扱製品に関するお見積もり、ご依頼、お問い合わせは下記より担当窓口へお問い合わせください。