研究開発
研究業績(論文・総説・学会発表)

論文(責任著者、共著者)

2020年

技術 次世代シークエンス 種別 Exome 研究テーマ 家族性部分性脂肪萎縮症 (FPLD)

Observation of p.R4810K, a Polymorphism of the Mysterin Gene, the Susceptibility Gene for Moyamoya Disease, in Two Female Japanese Diabetic Patients with Familial Partial Lipodystrophy 1.

Iwanishi M, Azuma C, Tezuka Y, Yamamoto Y, Ito-Kobayashi J, Washiyama M, Kusakabe T, Kikugawa S.

Intern Med. 2020;59(20):2529-2537.
2020

https://www.jstage.jst.go.jp/article/internalmedicine/59/20/59_4042-19/_article

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ 関節リウマチ

Identification of molecules associated with response to abatacept in patients with rheumatoid arthritis.

Yokoyama-Kokuryo W, Yamazaki H, Takeuchi T, Amano K, Kikuchi J, Kondo T, Nakamura S, Sakai R, Hirano F, Nanki T, Koike R, Harigai M.

Arthritis Res Ther. 2020 Mar 12;22(1):46.
2020

https://doi.org/10.1186/s13075-020-2137-y

2019年

技術 次世代シークエンス、
NOIR-SS
種別 遺伝子パネル 研究テーマ 胃癌

DELIVER (JACCRO GC-08) trial: discover novel host-related immune-biomarkers for nivolumab in advanced gastric cancer.

Sunakawa Y, Inoue E, Matoba R, Kawakami H, Sato Y, Nakajima TE, Muro K, Ichikawa W. And Fujii M.

Future Oncol. 2019 Jul;15(21):2441-2447.
2019

https://doi.org/10.2217/fon-2019-0167

技術 次世代シークエンス 種別 遺伝子パネル 研究テーマ 胃癌

Detection of gene mutations in gastric cancer tissues using a commercial sequencing panel.

Ito T, Matoba R, Maekawa H, Sakurada M, Kushida T, Orita H, Wada R, Sato K.

Molecular and Clinical Oncology 11: 455-460, 2019
2019

https://www.spandidos-publications.com/mco/11/5/455/abstract

技術 リアルタイムPCR 種別 遺伝子発現 研究テーマ 変形性膝関節症

Combined surgery and chondrocyte cell-sheet transplantation improves clinical and structural outcomes in knee osteoarthritis.

Sato M, Yamato M, Mitani G, Takagaki T, Hamahashi K, Nakamura Y, Ishihara M, Matoba R, Kobayashi H, Okano T, Mochida J, Watanabe M.

npj Regenerative Medicine volume 4, Article number: 4 (2019)
2019

http://www.nature.com/articles/s41536-019-0069-4

技術 次世代シークエンス、
NOIR-SS
種別 遺伝子パネル 研究テーマ 肺癌

Recent Advances in Liquid Biopsy in Precision Oncology Research.

Sato Y, Matoba R, Kato K.

Biol Pharm Bull. 2019;42(3):337-342
2019

https://doi.org/10.1248/bpb.b18-00804

技術 マイクロアレイ 種別 性能評価 研究テーマ 検出限界

Practical determination of LODP (limit of detection for microarray platform) for the evaluation of microarray platforms.

Adachi S, Aoki H, Ueda Y, Sudo T, Nozawa A, Koga S, Suzuki H, Shibayama S, Noda N, Fujii SI, Itoh S, Kawashima S, Suda Y, Nakae H.

Anal Biochem. 2019 Oct 15;583:113360
2019

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0003269719303872?via%3Dihub

2018年

技術 次世代シークエンス 種別 Exome 研究テーマ 先天性側弯症

Olfactomedin-like protein OLFML1 inhibits Hippo signaling and mineralization in osteoblasts.

Murakami K, Kikugawa S, Kobayashi Y, Uehara S, Suzuki T, Kato H, Udagawa N, Nakamura Y.

Biochemical and Biophysical Research Communications, Volume 505, Issue 2, 2018, Pages 419-425
2018

https://doi.org/10.1016/j.bbrc.2018.09.112

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ 関節リウマチ

Identification of baseline gene expression signatures predicting therapeutic effects of TNF inhibitors in rheumatoid arthritis patients.

Nakamura S, Suzuki K, Kaneko Y, Takeuchi T, Amano K

Clin Rheumatol Rel Res. 30: 300-307, 2018
2018

https://doi.org/10.1186/s13075-016-1052-8

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ 腎上皮細胞

FGF23 modulates the effects of erythropoietin on gene expression in renal epithelial cells.

Yashiro M, Ohya M, Mima T, Ueda Y, Nakashima Y, Kawakami K, Ishizawa Y, Yamamoto S, Kobayashi S, Yano T, Tanaka Y, Okuda K, Sonou T, Shoshihara T, Iwashita Y, Iwashita Y, Tatsuta K, Matoba R, Negi S, Shigematsu T

Int J Nephrol Renovasc Dis. 2018:11 125-136.
2018

https://www.dovepress.com/fgf23-modulates-the-effects-of-erythropoietin-on-gene-expression-in-re-peer-reviewed-article-IJNRD

技術 マイクロアレイ、
リアルタイムPCR
種別 遺伝子発現 研究テーマ うつ病

Integrated profiling of phenotype and blood transcriptome for stress vulnerability and depression.

Hori H, Nakamura S, Yoshida F, Teraishi T, Sasayama D, Ota M, Hattori K, Kim Y, Higuchi T, Kunugi H.

J Psychiatr Res. 2018 Sep;104:202-210.
2018

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022395618306101

2017年

技術 マイクロアレイ 種別 CGH、CNV 研究テーマ 寛骨臼異形成

Copy number loss in the region of ASPN gene in patients with acetabular dysplasia.

Sekimoto T, Ishii M, Emi M, Kurogi S, Funamoto T, Hamada H, Chosa E.

Bone & Joint Res 2017 (in press)
2017

https://online.boneandjoint.org.uk/doi/full/10.1302/2046-3758.67.BJR-2016-0094.R1

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ 瞑想

Distinct transcriptional and metabolic profiles associated with empathy in Buddhist priests: a pilot study.

Ohnishi J, Ayuzawa S, Nakamura S, Sakamoto S, Hori M, Sasaoka T, Takimoto-Ohnishi E, Tanatsugu M and Murakami K.

Human Genomics 2017 11:22.
2017

https://humgenomics.biomedcentral.com/articles/10.1186/s40246-017-0117-3

技術 次世代シークエンス、
デジタルPCR
種別 CNV 研究テーマ ジュベール症候群

Whole-exome sequencing and digital PCR identified a novel compound heterozygous mutation in NPHP1 gene inn a case of Joubert syndrome and related disorders.

Koyama S, Sato H, Kawakami T, Emi M, Kato T.

BMC Med Genetics, 2017, 37-41
2017

https://bmcmedgenet.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12881-017-0399-2

2016年

技術 マイクロアレイ、
C3チェック
種別 CGH 研究テーマ 変形性膝関節症

Assessment of the Safety of Chondrocyte Sheet Implantation for Cartilage Regeneration.

Yokoyama M, Sato M, Umezawa A, Mitani G, Takagaki T, Yokoyama M, Kawake T, Okada E, Kokubo M, Ito N, Takaku Y, Murai K, Matoba R, Akutsu H, Yamato M, Okano T, Mochida J

Tissue Eng Part C Methods. 2016 Jan;22(1):59-68.
2016

http://online.liebertpub.com/doi/abs/10.1089/ten.TEC.2015.0254?url_ver=Z39.88-2003&rfr_id=ori%3Arid%3Acrossref.org&rfr_dat=cr_pub%3Dpubmed&

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ うつ病

Blood-based gene expression signatures of medication-free outpatients with major depressive disorder: integrative genome-wide and candidate gene analyses.

Hori H, Sasayama D, Teraishi T, Yamamoto N, Nakamura S, Ota M, Hattori K, Kim Y, Higuchi T, Kunugi H.

Sci Rep. 2016 Jan 5;6:18776.
2016

http://www.nature.com/articles/srep18776

技術 マイクロアレイ、
次世代シークエンス
種別 CGH、CNV 研究テーマ 悪性中皮腫

High-density array-CGH with targeted 次世代シークエンス unmask multiple noncontiguous minute deletions on chromosome 3p21 in mesothelioma.

Yoshikawa Y, Emi M, Hashimoto-Tamaoki T, Ohmuraya M, Sato A, Tsujimura T, Hasegawa S, Nakano T, Nasu M, Pastorino S, Szymiczek A, Bononi A, Tanji M, Pagano I, Gaudino G, Napolitano A, Goparaju C, Pass HI, Yang H, Carbone M.

Proc. National. Acad. Sci. USA: November 9, 2016.
2016

http://www.pnas.org/content/113/47/13432.long

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ 関節リウマチ

Identification of baseline gene expression signatures predicting therapeutic responses to three biologic agents in rheumatoid arthritis: a retrospective observational study.

Nakamura S, Suzuki K, Iijima H, Hata Y, Lim CR, Ishizawa Y, Kameda H, Amano K, Matsubara K, Matoba R, Takeuchi T.

Arthritis Research & Therapy. 2016 Jul 19;18:159.
2016

https://arthritis-research.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13075-016-1052-8

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ 肥満

Impact of visceral fat on gene expression profile in peripheral blood cells in obese Japanese subjects.

Obata Y, Maeda N,Yamada Y, Yamamoto K, Nakamura S, Yamaoka M, Tanaka Y, Masuda S, Nagao H, Fukuda S, Fujishima Y, Kita S,Nishizawa H, Funahashi T,Matsubara KI, Matsuzawa Y, Shimomura

Cardiovasc Diabetol. 2016 Nov 29;15(1):159.
2016

https://cardiab.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12933-016-0479-1

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ 競走馬

Profiling of exercise-induced transcripts in the peripheral blood cells of Thoroughbred horses.

Tozaki T, Kikuchi M, Kakoi H, Hirota KI, Mukai K, Aida H, Nakamura S, Nagata SI

J Equine Sci. 2016;27(4):157-164.
2016

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jes/27/4/27_1616/_article

2015年

技術 マイクロアレイ 種別 miRNA 研究テーマ 神経膠腫

miR-340 suppresses the stem-like cell function of glioma-initiating cells by targeting tissue plasminogen activator.

Yamashita D, Kondo T, Ohue S, Takahashi H, Ishikawa M, Matoba R, Suehiro S, Kohno S, Harada H, Tanaka J. and Ohnishi T.

Cancer Res. 75(6) (2015) 1123-1133.
2015

https://cancerres.aacrjournals.org/content/75/6/1123.long

技術 マイクロアレイ、
リアルタイムPCR、
次世代シークエンス
種別 遺伝子発現 研究テーマ RNA外部標準

A set of external reference controls/probes that enable quality assurance between different microarray platforms.

Akiyama H, Ueda Y, Nobumasa H, Ooshima H, Ishizawa Y, Kitahiro K, Miyagawa I, Watanabe K, Nakamura T, Tanaka R, Yamamoto N, Nakae H, Kawase M, Gemma N, Sekiguchi Y, Fujibuchi W, Matoba R.

Anal Biochem. 2015 Mar 1;472:75-83.
2015

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0003269714005417

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ サプリメント摂取

Chlorella ingestion suppresses resistin gene expression in peripheral blood cells of borderline diabetics.

Itakura H, Kobayashi M, Nakamura S

Clinical Nutrition ESPEN Volume 10, Issue 3, June 2015, Pages e95-e101
2015

http://www.clinicalnutritionespen.com/article/S2405-4577(15)00096-0/fulltext

技術 次世代シークエンス 種別 Exome 研究テーマ 悪性中皮腫

Combined Genetic and Genealogic Studies Uncover a Large BAP1 Cancer Syndrome Kindred Tracing Back Nine Generations to a Common Ancestor from the 1700s.

Carbone M, Flores EG, Emi M, Johnson TA, Tsunoda T, Behner D, Hoffman H, Hesdorffer M, Nasu M, Napolitano A, Powers A, Minaai M, Baumann F, Bryant-Greenwood P, Lauk O, Kirschner MB, Weder W, Opitz I, Pass HI, Gaudino G, Pastorino S, Yang H.

PLoS Genet. 2015 Dec 18;11(12):e1005633.
2015

http://journals.plos.org/plosgenetics/article?id=10.1371/journal.pgen.1005633

技術 MLPA法 種別 CNV 研究テーマ 悪性中皮腫

Frequent genomic rearrangements of BRCA1 associated protein-1 (BAP1) gene in Japanese malignant mesothelioma-characterization of deletions at exon level.

Emi M, Yoshikawa Y, Sato C, Sato A, Sato H, Kato T, Tsujimura T, Hasegawa S, Nakano T, Hashimoto-Tamaoki T.

J Hum Genet. 2015 Oct;60(10):647-9.
2015

https://doi.org/10.1038/jhg.2015.91

技術 サンガーシーケンス 種別 Exome、 CNV 研究テーマ 悪性中皮腫

High Incidence of Somatic BAP1 alterations in sporadic malignant mesothelioma.

Nasu M, Emi M, Pastorino S, Tanji M, Powers A, Luk H, Baumann F, Zhang YA, Gazdar A, Kanodia S, Tiirikainen M, Flores E, Gaudino G, Becich MJ, Pass HI, Yang H, Carbone M.

J Thorac Oncol. 2015 Apr;10(4):565-76.
2015

http://www.jto.org/article/S1556-0864(15)32358-3/fulltext

技術 次世代シークエンス、
NOIR-SS
種別 遺伝子パネル 研究テーマ 肺癌

High-fidelity target sequencing of individual molecules identified using barcode sequences: de novo detection and absolute quantitation of mutations in plasma cell-free DNA from cancer patients.

Kukita Y, Matoba R, Uchida J, Hamakawa T, Doki Y, Imamura F, Kato K.

DNA Res. 2015 Aug;22(4):269-77.
2015

https://academic.oup.com/dnaresearch/article-lookup/doi/10.1093/dnares/dsv010

技術 次世代シークエンス 種別 Exome 研究テーマ 肺癌

Identification of Individual Cancer-Specific Somatic Mutations for Neoantigen-Based Immunotherapy of Lung Cancer.

Karasaki T, Nagayama K, Kawashima M, Hiyama N, Murayama T, Kuwano H, Nitadori JI, Anraku M, Sato M, Miyai M, Hosoi A, Matsushita H, Kikugawa S, Matoba R, Ohara O, Kakimi K, Nakajima J.

J Thorac Oncol. 2015 Dec 29. pii: S1556-0864(15)00076-3.
2015

http://www.jto.org/article/S1556-0864(15)00076-3/fulltext

技術 次世代シークエンス 種別 RNA-seq 研究テーマ 卵母細胞

Imbalance between the expression dosages of X-chromosome and autosomal genes in mammalian oocytes.

Fukuda A, Tanino M, Matoba R, Umezawa A, Akutsu H.

Sci Rep. 2015 Sep 15;5:14101.
2015

http://www.nature.com/articles/srep14101

技術 次世代シークエンス 種別 Exome 研究テーマ VATER/VACTERL連合

PCSK5 mutation in a patient with the VACTERL association.

Nakamura Y, Kikugawa S, Seki S, Takahata M, Iwasaki N, Terai H, Matsubara M, Fujioka F, Inagaki H, Kobayashi T, Kimura T, Kurahashi H, Kato H.

BMC Res Notes. 2015 Jun 9;8:228.
2015

https://bmcresnotes.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13104-015-1166-0

技術 マイクロアレイ、
リアルタイムPCR、
サンガーシーケンス
種別 遺伝子発現、CGH、CNV 研究テーマ 食道扁平上皮癌

Somatic alteration and depleted nuclear expression of BAP1 in human esophageal squamous cell carcinoma.

Mori T, Sumii M, Fujishima F, Ueno K, Emi M, Nagasaki M, Ishioka C, Chiba N.

Cancer Sci. 2015 Sep;106(9):1118-29.
2015

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/cas.12722/abstract

2014年

技術 マイクロアレイ、
リアルタイムPCR
種別 遺伝子発現 研究テーマ 十二指腸濾胞性リンパ腫

Duodenal follicular lymphoma: comprehensive gene expression analysis with insights into pathogenesis.

Takata K, Tanino M, Ennishi D, Tari A, Sato Y, Okada H, Maeda Y, Goto N, Araki H, Harada M, Ando M, Iwamuro M, Tanimoto M, Yamamoto K, Gascoyne RD, Yoshino T.

Cancer Sci. 2014 May;105(5):608-15
2014

https://doi.org/10.1111/cas.12392

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ 薬剤投与

Increased Protein and mRNA Expression of Resistin After Dexamethasone Administration.

Sasayama D, Hori H, Nakamura S, Yamamoto N, Hattori K, Teraishi T, Ota M, Kunugi H

Horm Metab Res. 2014 Jul 10.
2014

https://www.thieme-connect.com/DOI/DOI?10.1055/s-0034-1383651

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ 統合失調症、うつ病

ITIH3 polymorphism may confer susceptibility to psychiatric disorders by altering the expression levels of GLT8D1.

Sasayama D, Hori H, Yamamoto N, Nakamura S, Teraishi T, Tatsumi M, Hattori K, Ota M, Higuchi T, Kunugi H.

J Psychiatr Res. 2014 Mar;50:79-83.
2014

http://www.journalofpsychiatricresearch.com/article/S0022-3956(13)00368-3/fulltext

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現、SNP、eQTL 研究テーマ 疾患関連SNP

Large-Scale East-Asian eQTL Mapping Reveals Novel Candidate Genes for LD Mapping and the Genomic Landscape of Transcriptional Effects of Sequence Variants.

Narahara M, Higasa K, Nakamura S, Tabara Y, Kawaguchi T, Ishii M, Matsubara K, Matsuda F, Yamada R1.

PLoS One. 2014 Jun 23;9(6):e100924.
2014

http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0100924

2013年

技術 マイクロアレイ、
リアルタイムPCR
種別 遺伝子発現 研究テーマ 肥満

Gene expression levels of S100 protein family in blood cells are associated with insulin resistance and inflammation (Peripheral blood S100 mRNAs and metabolic syndrome).

Yamaoka M, Maeda N, Nakamura S, Mori T, Inoue K, Matsuda K, Sekimoto R, Kashine S, Nakagawa Y, Tsushima Y, Fujishima Y, Komura N, Hirata A, Nishizawa H, Matsuzawa Y, Matsubara K, Funahashi T, Shimomura I

Biochem Biophys Res Commun. 2013 Apr 19;433(4):450-5.
2013

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006291X13004014

技術 マイクロアレイ、
リアルタイムPCR
種別 遺伝子発現 研究テーマ ES細胞

Gene expression profiling reveals the heterogeneous transcriptional activity of Oct3/4 and its possible interaction with Gli2 in mouse embryonic stem cells.

Li Y, Drnevich J, Akraiko T, Band M, Li D, Wang F, Matoba R, Tanaka TS.

Genomics. 2013 Nov-Dec;102(5-6):456-67.
2013

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0888754313001857

技術 マイクロアレイ、
リアルタイムPCR
種別 遺伝子発現、SNP、eQTL 研究テーマ 疾患関連SNP

Identification of single nucleotide polymorphisms regulating peripheral blood mRNA expression with genome-wide significance: an eQTL study in the Japanese population.

Sasayama D, Hori H, Nakamura S, Miyata R, Teraishi T, Hattori K, Ota M, Yamamoto N, Higuchi T, Amano N, Kunugi H.

PLoS One. 2013;8(1):e54967.
2013

http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0054967

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ 劇症1型糖尿病

Low gene expression levels of activating receptors of natural killer cells (NKG2E and CD94) in patients with fulminant type 1 diabetes.

Nakata S, Imagawa A, Miyata Y, Yoshikawa A, Kozawa J, Okita K, Funahashi T, Nakamura S, Matsubara K, Iwahashi H, Shimomura I

Immunol Lett. 2013 Nov-Dec;156(1-2):149-55.
2013

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0165247813001636

技術 マイクロアレイ 種別 CGH、CNV 研究テーマ 寛骨臼異形成

Segmental copy number loss in the region of Semaphorin 4D gene in patients with acetabular dysplasia.

Sekimoto T, Ishii M, Emi M, Kurogi S, Funamoto T, Hamada H, Chosa E.

J Orthop Res. 2013 Jun;31(6):957-61.
2013

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/jor.22310/abstract

技術 マイクロアレイ、
次世代シークエンス
種別 遺伝子発現、ChIP-Seq 研究テーマ 転写因子

Transcription factors interfering with dedifferentiation induce cell type-specific transcriptional profiles.

Hikichi T1, Matoba R, Ikeda T, Watanabe A, Yamamoto T, Yoshitake S, Tamura-Nakano M, Kimura T, Kamon M, Shimura M, Kawakami K, Okuda A, Okochi H, Inoue T, Suzuki A, Masui S.

Proc Natl Acad Sci U S A. 2013 Apr 16;110(16):6412-7.
2013

http://www.pnas.org/content/110/16/6412.long

2012年

技術 マイクロアレイ 種別 CGH 研究テーマ 酵母ゲノム編集

Large-scale genome reorganization in Saccharomyces cerevisiae through combinatorial loss of mini-chromosomes.

Ueda Y, Ikushima S, Sugiyama M, Matoba R, Kaneko Y, Matsubara K. and Harashima S.

J Biosci Bioeng. Jun;113 (2012) 675-682.
2012

http://dx.doi.org/10.1016/j.jbiosc.2012.01.013

技術 マイクロアレイ、
リアルタイムPCR、
次世代シークエンス
種別 DNAメチル化、miRNA 研究テーマ 乳癌

Genome-Wide Analysis of DNA Methylation and Expression of MicroRNAs in Breast Cancer Cells.

Morita S, Takahashi R, Yamashita R, Toyoda A, Horii, T, Kimura M, Fujiyama A, Nakai K, Tajima S, Matoba R, Ochiya T. and Hatada I.

Int. J. Mol. Sci. 13 (2012) 8259-8272.
2012

https://dx.doi.org/10.3390%2Fijms13078259

技術 マイクロアレイ、
リアルタイムPCR
種別 遺伝子発現 研究テーマ 肥満

A Pilot Investigation of Visceral Fat Adiposity and Gene Expression Profile in Peripheral Blood Cells.

Yamaoka M, Maeda N, Nakamura S, Kashine S, Nakagawa Y, Hiuge-Shimizu A, Okita K, Imagawa A, Matsuzawa Y, Matsubara K, Funahashi T, Shimomura I.

PLoS One. 2012;7(10):e47377.
2012

http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0047377

技術 マイクロアレイ、
リアルタイムPCR
種別 遺伝子発現、CGH、CNV 研究テーマ 悪性中皮腫

Frequent inactivation of BAP1 gene in epithelioid-type malignant mesothelioma.

Yoshikawa Y, Sato A, Tsujimura T, Emi M, Morinaga T, Fukuoka K, Yamada S, Murakami A, Kondo N, Matsumoto S, Okumura Y, Tanaka F, Hasegawa S, Nakano T, Hashimoto-Tamaoki T

Cancer Sci. 2012 May;103(5):868-74
2012

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1349-7006.2012.02223.x/abstract

技術 マイクロアレイ、次世代シークエンス 種別 CGH、CNV 研究テーマ 乳癌

Genome-wide copy number analysis in primary breast cancer.

Ueno T, Emi M, Sato H, Ito N, Muta M, Kuroi K, Toi M

Expert Opin Ther Targets. 2012 Mar;16 Suppl 1:S31-5
2012

http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1517/14728222.2011.636739

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ 老化

Identification of blood biomarkers of aging by transcript profiling of whole blood.

Nakamura S, Kawai K, Takeshita Y, Honda M, Takamura T, Kaneko S, Matoba R, Matsubara K

Biochem Biophys Res Commun. 2012 Feb 10;418(2):313-8.
2012

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006291X12000411

2011年

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ 大腸癌

Heterogeneity of colorectal cancers and extraction of discriminator gene signatures for personalized prediction of prognosis.

Miyake M, Takemasa I, Matoba R, Tanino M, Niijima S, Ikeda M, Yamamoto H, Sekimoto M, Kuhara S, Okayama T, Monden M, Matsubara K. and Mori M.

Int J Oncol. 39 (2011) 781-789.
2011

http://dx.doi.org/10.3892/ijo.2011.1092

技術 マイクロアレイ 種別 CGH、CNV 研究テーマ 多系統萎縮症

Copy number loss of (src homology 2 domain containing)-transforming protein 2 (SHC2) gene: discordant loss in monozygotic twins and frequent loss in patients with multiple system atrophy.

Sasaki H, Emi M, Iijima H, Ito N, Sato H, Yabe I, Kato T, Utsumi J, Matsubara K.

Mol Brain. 2011 Jun 10;4:24.
2011

https://molecularbrain.biomedcentral.com/articles/10.1186/1756-6606-4-24

技術 マイクロアレイ 種別 CGH、CNV 研究テーマ 2型糖尿病

Frequent loss of genome gap region in 4p16.3 subtelomere in early-onset type 2 diabetes mellitus.

Kudo H, Emi M, Ishigaki Y, Tsunoda U, Hinokio Y, Ishii M, Sato H, Yamada T, Katagiri H, Oka Y.

Exp Diabetes Res. 2011;2011:498460.
2011

https://www.hindawi.com/journals/jdr/2011/498460/

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ サプリメント摂取

Influence of Chlorella powder intake during swimming stress in mice.

Mizoguchi T, Arakawa Y, Kobayashi M, Fujishima M.

Biochem Biophys Res Commun. 2011 Jan 7;404(1):121-6.
2011

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006291X10021443

技術 マイクロアレイ 種別 CGH、CNV 研究テーマ 多発性嚢胞腎

Molecular analysis of TSC2/PKD1 contiguous gene deletion syndrome.

Oyazato Y, Iijima K, Emi M, Sekine T, Kamei K, Takanashi J, Nakao H, Namai Y, Nozu K, Matsuo M

Kobe J. Med. Sci. 2011; 57: 1.
2011

http://www.med.kobe-u.ac.jp/journal/contents/57/E1.pdf

技術 マイクロアレイ 種別 CGH、CNV 研究テーマ 水頭症

Segmental copy number loss of SFMBT1 gene in elderly individuals with ventriculomegaly: a community-based study.

Kato T, Sato H, Emi M, Seino T, Arawaka S, Iseki C, Takahashi Y, Wada M, Kawanami T.

Intern Med. 2011;50(4):297-303. Epub 2011 Feb 15.
2011

https://www.jstage.jst.go.jp/article/internalmedicine/50/4/50_4_297/_article

技術 マイクロアレイ 種別 CGH、CNV 研究テーマ プラダー・ウィリ症候群

Spread of X-chromosome inactivation into chromosome 15 is associated with Prader-Willi syndrome phenotype in a boy with a t(X;15)(p21.1;q11.2) translocation.

Sakazume S, Ohashi H, Sasaki Y, Harada N, Nakanishi K, Sato H, Emi M, Endoh K, Sohma R, Kido Y, Nagai T, Kubota T.

J Human Genet, 2011 Epub Jul 7
2011

https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs00439-011-1051-4

2010年

技術 Review 種別 CNV 研究テーマ 解析技術・疾患研究

Copy number variation: experimental procedures and statistical analysis.

Sato H, Emi M.

Nippon Rinsho. 2010 Aug;68(8):76-9.
2010

http://www.nippon-rinsho.co.jp/backnum/z_mokuji/6808idensi.html

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ 運動性疲労

Effect of exercise on gene expression profile in unfractionated peripheral blood leukocytes.

Nakamura S, Kobayashi M, Sugino T, Kajimoto O, Matoba R, Matsubara K.

Biochem Biophys Res Commun. 2010 Jan 1;391(1):846-51.
2010

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006291X09023468

技術 マイクロアレイ 種別 CGH、CNV 研究テーマ 多発性嚢胞腎

HNF1B Alterations Associated with Congenital Anomalies of the Kidney and Urinary Tract.

Nakayama M, Nozu K, Goto Y, Kamei K, Ito S, Sato H, Emi M, Nakanishi K, Tsuchiya S, Iijima K

Pediatr Nephrol. 2010 Jun;25(6):1073-9.
2010

https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs00467-010-1454-9

技術 マイクロアレイ 種別 CGH、CNV 研究テーマ 筋萎縮性側索硬化症

Segmental copy-number gain within the region of isopentenyl diphosphate isomerase genes in sporadic amyotrophic lateral sclerosis.

Kato T, Emi M, Sato H, Arawaka S, Wada M, Kawanami T, Katagiri T, Tsuburaya K, Toyoshima I, Tanaka F, Sobue G, Matsubara K.

Biochem Biophys Res Commun. 2010 Nov 12;402(2):438-42.
2010

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006291X10019339

技術 リアルタイムPCR 種別 SNP 研究テーマ 常染色体劣性嚢胞性腎疾患

The novel and independent association between single-point SNP of NPHP4 gene and renal function in non-diabetic Japanese population: the Takahata study.

Konta T, Takasaki S, Ichikawa K, Emi M, Toriyama S, Satoh H, Ikeda A, Suzuki K, Mashima Y, Shibata Y, Watanabe T, Kato T, Kawata S, Kubota I.

J Hum Genet. 2010 Sep 16.
2010

https://doi.org/10.1038/jhg.2010.113

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ アポトーシス

Tuning of apoptosis-mediator gene transcription in HepG2 human hepatoma cells through an adenosine signal.

Yang D, Yaguchi T, Lim CR, Ishizawa Y, Nakano T, Nishizaki T.

Cancer Lett. 2010 May 28;291(2):225-9.
2010

http://www.cancerletters.info/article/S0304-3835(09)00638-7/fulltext

技術 マイクロアレイ、
リアルタイムPCR
種別 CGH、CNV 研究テーマ 骨粗鬆症

Various types of LRP5 mutations in four patients with osteoporosis-pseudoglioma syndrome: identification of a 7.2-kb microdeletion using oligonucleotide tiling microarray.

Narumi S, Numakura C, Shiihara T, Seiwa C, Nozaki Y, Yamagata T, Momoi MY, Watanabe Y, Yoshino M, Matsuishi T, Nishi E, Kawame H, Akahane T, Nishimura G, Emi M, Hasegawa T

Am J Med Genet A. 2010 Jan;152A(1):133-40.
2010

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ajmg.a.33177/abstract;jsessionid=5617475376D1BD9B442D3D330CCA6D88.f02t04

技術 ConPath 種別 GE 研究テーマ

Tuning of apoptosis-mediator gene transcription in HepG2 human hepatoma cells through an adenosine signal.

Yang D, Yaguchi T, Lim CR, Ishizawa Y, Nakano T, Nishizaki

T.Cancer Lett. 2010 May 28;291(2):225-9. doi: 10.1016/j.canlet.2009.10.016. Epub 2009 Nov 8.
2010

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0304383509006387?via%3Dihub

2009年

技術 マイクロアレイ、
リアルタイムPCR
種別 miRNA 研究テーマ 内分泌前駆細胞

Dicer is required for maintaining adult pancreas.

Morita, S, Hara, A, Kojima, I, Horii, T, Kimura, M, Kitamura, T, Ochiya, T, Nakanishi, K, Matoba, R, Matsubara, K. and Hatada, I.

PLoS One. 4 (2009) e4212.
2009

https://doi.org/10.1371/journal.pone.0004212

技術 ATAC-PCR 種別 遺伝子発現 研究テーマ 低体温療法

Transcriptional induction and translational inhibition of Arc and Cugbp2 in mice hippocampus after transient global ischemia under normothermic condition.

Otsuka N, Tsuritani K, Sakurai T, Kato K, Matoba R, Itoh J, Okuyama S, Yamada K, Yoneda Y.

Brain Res. 1287 (2009) 136-145.
2009

https://doi.org/10.1016/j.brainres.2009.06.050

技術 リアルタイムPCR 種別 RNAi 研究テーマ 大腸癌

Screening of potential molecular targets for colorectal cancer therapy.

Honma K, Takemasa I, Matoba R, Yamamoto Y, Takeshita F, Mori M, Monden M, Matsubara K and Ochiya T.

Int J Gen Med. 29 (2009) 243-257.
2009

https://doi.org/10.2147/IJGM.S5158

技術 リアルタイムPCR 種別 SNP 研究テーマ アルブミン尿症

Genetic polymorphisms of paraoxonase-1 are associated with chronic kidney disease in Japanese women.

Ichikawa K, Konta T, Emi M, Toriyama S, Takasaki S, Ikeda A, Shibata Y, Takabatake N, Takeishi Y, Kato T, Kawata S, Kubota I

Kidney Int. 2009 Jul;76(2):183-9.
2009

https://doi.org/10.1038/ki.2009.97

技術 リアルタイムPCR 種別 SNP 研究テーマ 骨粗鬆症

Nucleotide variations in genes encoding carbonic anhydrase 8 and 10 associated with femoral bone mineral density in Japanese female with osteoporosis.

Mori S, Kou I, Sato H, Emi M, Ito H, Hosoi T, Ikegawa S

J Bone Miner Metab. 2009;27(2):213-6.
2009

https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs00774-008-0031-9

技術 マイクロアレイ、
リアルタイムPCR
種別 遺伝子発現 研究テーマ 関節リウマチ

Prediction of efficacy of anti-TNF biologic agent, infliximab, for rheumatoid arthritis patients using a comprehensive transcriptome analysis of white blood cells.

Tanino M, Matoba R, Nakamura S, Kameda H, Amano K, Okayama T, Nagasawa H, Suzuki K, Matsubara K, Takeuchi T.

Biochem Biophys Res Commun. 2009 Sep 18;387(2):261-5.
2009

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006291X09013163

2008年

技術 マイクロアレイ、
リアルタイムPCR
種別 遺伝子発現 研究テーマ ES細胞

A comparative analysis of the transcriptome and signal pathways in hepatic differentiation of human adipose mesenchymal stem cells.

Yamamoto Y, Banas A, Murata S, Ishikawa M, Lim CR, Teratani T, Hatada I, Matsubara K, Kato T, Ochiya T.

FEBS J. 2008 Mar;275(6):1260-73. doi: 10.1111/j.1742-4658.2008.06287.x.
2008

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1742-4658.2008.06287.x/abstract;jsessionid=2243B893C28CA8557A754877FB65B46C.f02t04

技術 リアルタイムPCR 種別 SNP 研究テーマ 2型糖尿病

A functional polymorphism of the TNF-alpha gene that is associated with type 2 DM.

Susa S, Daimon M, Sakabe J, Sato H, Oizumi T, Karasawa S, Wada K, Jimbu Y, Kameda W, Emi M, Muramatsu M, Kato T

Biochem Biophys Res Commun. 2008 May 9;369(3):943-7. Epub 2008 Mar 6.
2008

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006291X08004117

技術 リアルタイムPCR 種別 SNP 研究テーマ アルブミン尿症

Association of CC chemokine ligand 5 genotype with urinary albumin excretion in the non-diabetic Japanese general population: the Takahata study.

Konta T, Emi M, Toriyama S, Ariumi H, Ishii M, Takasaki S, Ikeda A, Ichikawa K, Shibata Y, Takabatake N, Takeishi Y, Kato T, Kawata S, Kubota I

J Hum Genet. 2008;53(3):267-74. Epub 2008 Jan 24.
2008

https://link.springer.com/article/10.1007/s10038-008-0246-6

技術 リアルタイムPCR 種別 SNP 研究テーマ 骨粗鬆症

Association of genetic variations of genes encoding thrombospondin, type 1, domain-containing 4 and 7A with low bone mineral density in Japanese women with osteoporosis.

Mori S, Kou I, Sato H, Emi M, Ito H, Hosoi T, Ikegawa S

J Hum Genet. 2008;53(8):694-7. Epub 2008 May 17.
2008

https://doi.org/10.1007/s10038-008-0300-4

技術 リアルタイムPCR 種別 SNP 研究テーマ 血清コリンエステラーゼ活性

Common null variant, Arg192Stop, in a G-protein coupled receptor, olfactory receptor 1B1, associated with decreased serum cholinesterase activity.

Koyano S, Emi M, Saito T, Makino N, Toriyama S, Ishii M, Kubota I, Kato T, Kawata S

Hepatol Res. 2008 Jul;38(7):696-703. Epub 2008 Mar 4.
2008

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1872-034X.2008.00327.x/abstract

技術 リアルタイムPCR 種別 遺伝子発現 研究テーマ ES細胞

Establishment of Rat Embryonic Stem Cells and Making of Chimera Rats.

Ueda S, Kawamata M, Teratani T, Shimizu T, Tamai Y, Ogawa H, Hayashi K, Tsuda H, Ochiya T.

PLoS One. 2008 Jul 30;3(7):e2800.
2008

http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0002800

技術 リアルタイムPCR 種別 SNP 研究テーマ コレステロール

Genetic association between aldehyde dehydrogenase 2 (ALDH2) variation and high-density lipoprotein cholesterol (HDL-C) among non-drinkers in two large population samples in Japan.

Wada M, Daimon M, Emi M, Iijima H, Sato H, Koyano S, Tajima K, Kawanami T, Kurita K, Hunt SC, Hopkins PN, Kubota I, Kawata S, Kato T

J Atheroscler Thromb. 2008 Aug;15(4):179-84.
2008

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jat/15/4/15_E542/_article

技術 Review 種別 GWAS 研究テーマ 関節疾患

Genomic approaches to bone and joint diseases. A genome-wide approach for analysis of polygenic diseases.

Sato H, Emi M

Clin Calcium. 2008 Feb;18(2):176-81.
2008

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18245886

技術 マイクロアレイ 種別 オリゴ合成 研究テーマ アミノ修飾オリゴヌクレオチド

Novel amino linkers enabling efficient labeling and convenient purification of amino-modified oligonucleotides.

Komatsu, Y, Kojima, N, Sugino, M, Mikami, A, Nonaka, K, Fujinawa, Y, Sugimoto, T, Sato, K, Matsubara, K. and Ohtsuka, E.

Bioorg. Med. Chem. , 16, 941-949 (2008).
2008

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0968089607008565

技術 リアルタイムPCR 種別 SNP 研究テーマ 2型糖尿病

Salt consumption-dependent association of the GNB3 gene polymorphism with type 2 DM.

Daimon M, Sato H, Sasaki S, Toriyama S, Emi M, Muramatsu M, Hunt SC, Hopkins PN, Karasawa S, Wada K, Jimbu Y, Kameda W, Susa S, Oizumi T, Fukao A, Kubota I, Kawata S, Kato T

Biochem Biophys Res Commun. 2008 Sep 26;374(3):576-80. Epub 2008 Jul 24.
2008

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006291X08014137

技術 ConPath 種別 GE 研究テーマ

A comparative analysis of the transcriptome and signal pathways in hepatic differentiation of human adipose mesenchymal stem cells.

Yamamoto Y, Banas A, Murata S, Ishikawa M, Lim CR, Teratani T, Hatada I, Matsubara K, Kato T, Ochiya T.

FEBS J. 2008 Mar;275(6):1260-73. doi: 10.1111/j.1742-4658.2008.06287.x.
2008

https://febs.onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/j.1742-4658.2008.06287.x

2007年

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ マイコトキシン

Evaluation of toxicity of the mycotoxin citrinin using yeast ORF DNA microarray and Oligo DNA microarray.

Iwahashi H, Kitagawa E, Suzuki Y, Ueda Y, Ishizawa YH, Nobumasa H, Kuboki Y, Hosoda H, Iwahashi Y.

BMC Genomics. 2007 Apr 5;8:95.
2007

https://bmcgenomics.biomedcentral.com/articles/10.1186/1471-2164-8-95

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ 2型糖尿病

Gene expression profiles in peripheral blood mononuclear cells reflect the pathophysiology of type 2 diabetes.

Takamura T, Honda M, Sakai Y, Ando H, Shimizu A, Ota T, Sakurai M, Misu H, Kurita S, Matsuzawa-Nagata N, Uchikata M, Nakamura S, Matoba R, Tanino M, Matsubara K, Kaneko S

Biochem Biophys Res Commun. 2007 Sep 21;361(2):379-84.
2007

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0006291X07014623

2006年

技術 マイクロアレイ 種別 オリゴ合成 研究テーマ アミノ修飾オリゴヌクレオチド

Enhanced reactivity of amino-modified oligonucleotides by insertion of aromatic residue.

Kojima N, Sugino M, Mikami A, Nonaka K, Fujinawa Y, Muto I, Matsubara K, Ohtsuka E, Komatsu Y.

Bioorg. Med. Chem. Lett, 16, 5118-5121 (2006).
2006

http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0960894X06008031

技術 AceGene 種別 GE 研究テーマ

Identification of differentially expressed genes in human bladder cancer through genome-wide gene expression profiling

Kawakami K, Enokida H, Tachikawa T, Gotanda T, Tsuneyoshi K, Kubo H, Nishiyama K, Takiguchi M, Nakagawa M, Seki N.

Oncol Rep. 2006, 16(3):521-31
2006

技術 AceGene 種別 研究テーマ

Analysis of genes upregulated by the demethylating agent 5-aza-2'-deoxycytidine in gastric cancer cell lines

Mikata R, Yokosuka O, Fukai K, Imazeki F, Arai M, Tada M, Kurihara T, Zhang K, Kanda T, Saisho H.

Int J Cancer. 2006, vol.119, pp1616-1622
2006

技術 AceGene 種別 研究テーマ

Arpc1b?Gene Is a Candidate Prediction Marker for Choroidal Malignant Melanomas Sensitive to Radiotherapy

Ken Kumagai, Yoshinori Nimura, Atsushi Mizota, Nobuyuki Miyahara, Mizuho Aoki, Yoshiya Furusawa, Masaki Takiguchi, Shuichi Yamamoto, and Naohiko Seki

Invest Ophthalmol Vis Sci, 2006, 47(6):2300-4
2006

技術 AceGene 種別 研究テーマ

Pre-B-cell leukemia transcription factor 1 is a major target of promyelocytic leukemia zinc-finger-mediated melanoma cell growth suppression.

Shiraishi K, Yamasaki K, Nanba D, Inoue H, Hanakawa Y, Shirakata Y, Hashimoto K, Higashiyama S.

Oncogene. 2006 Jul 24; [Epub ahead of print]
2006

技術 AceGene 種別 研究テーマ

PLZF regulates Pbx1 transcription and Pbx1-HoxC8 complex leads to androgen-independent prostate cancer proliferation.

Kikugawa T, Kinugasa Y, Shiraishi K, Nanba D, Nakashiro K, Tanji N, Yokoyama M, Higashiyama S.

Prostate. 2006 Jul 1;66(10):1092-9.
2006

技術 AceGene 種別 研究テーマ

Naked gene therapy of hepatocyte grouth factor for dextran sulfate sodium-induced colitis in mice

T.Kanbe, R.Murai, T.Mukoyama, Y.Murawaki, K.Hashiguchi, Y.Yoshida, H.Tsuchiya, A.Kurimasa, K.Harada, K.Yashima, E.Nishimuki, N.Shabana, Y.Kishimoto, H.Kojyo, K.Miura, Y.Murawaki, H.Kawasaki, G.Shiota

Biochemical and Biophysical Research Communications, 345(2006) 1517-1525
2006

技術 AceGene 種別 研究テーマ

Characterization of Gene Expression Profiles of Metallothionein-Null Cadmium-Resistant Cells

Hitomi Fujishiro, Satomi Okugaki, Sachi Nagao, Masahiko Satoh, and Seiichiro Himeno

Journal of Health Science, 52(3) 292-299(2006)
2006

技術 AceGene 種別 研究テーマ

Novel roles of osteopontin and CXC chemokine ligand 7 in the defence against mycobacterial infection.

V.Khajoee, M.Saito, H.Takada, A.Nomura, K Kusuhara, S.-I.Yoshida, Y.Yoshikai and T. Hara

Clinical & Experimental Immunology, Vol143, Issue 2, pp260, 2006
2006

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

Multiple primer extension by DNA polymerase on a novel plastic DNA array coated with a biocompatible polymer.

Kinoshita K, Fujimoto K, Yakabe T, Saito S, Hamaguchi Y,?Kikuchi T,?Nonaka K,?Murata S, Masuda D, Takada W, Funaoka S, Arai S, Nakanishi H, Yokoyama K, Fujiwara K, Matsubara K.

Nucleic Acids Research, doi:10.1093/nar/gkl939, 2006.
2006

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

Microarray analysis of promoter methylation in lung cancers

Masayuki Fukusawa・Mika Kimura・Sumiyo Mroita・Kenichi Matsubara・Sumitaka Yamanaka・Chiaki Endo・Akira Sakurada・Masami Sato・Takashi Kondo・Akira Horii・Hiroyuki Sasaki・Izuho hatada

J Hum Genet,51(4),(2006),368-374
2006

2005年

技術 マイクロアレイ 種別 オリゴ合成 研究テーマ アミノ修飾オリゴヌクレオチド

High throughput purification of amino-modified oligonucleotides and its application to novel detection system of gene expression.

Kojima N, Sugino M, Mikami A, Nonaka K, Fujinawa Y, Ueda Y, Sato K, Ohtsuka E, Matsubara K, Komatsu Y.

Nucleic Acids Sym. Ser., 49, 181-182 (2005).
2005

https://academic.oup.com/nass/article-abstract/49/1/181/1070343/High-throughput-purification-of-amino-modified?redirectedFrom=fulltext

技術 AceGene 種別 研究テーマ

Distinct gene expression patterns of peripheral blood cells in hyper-IgE syndrome.

Tanaka T, Takada H, Nomura A, Ohga S, Shibata R, Hara T.

Clin Exp Immunol., 140(3), pp524-531, 2005
2005

技術 AceGene 種別 研究テーマ

Methylation-Associated Silencing of the Nuclear Receptor 1I2 Gene in Advanced-Type Neuroblastomas, Identified by Bacterial Artificial Chromosome Array-Based Methylated CpG Island Amplification

Akiko Misawa, Jun Inoue, Yuriko Sugino, Hajime Hosei, Tohru Sugimoto, Fumie Hosoda, Misao Ohki, Issei Imoto and Johji Inazawa

Cancer Reserch, Vol.65, 10233-10242, 2005
2005

技術 AceGene 種別 研究テーマ

Serotonin and melatonin, neurohormones for homeostasis, as novel inhibitors of infections by the intracellular parasite chlamydia

Mohd. Akhlakur Rahman, Yoshinao Azuma, Hajime Fukunaga, Tomoyuki Murakami, Kazurou Sugi, Hideto Fukushi, Koshiro Miura, Harumi Suzuki and Mutsunori Shirai

Journal of Antimicrobial Chemotherapy, 2005, 56(5):861-868
2005

技術 AceGene 種別 研究テーマ

Persistence of gene expression changes in noninflamed and inflamed colonic mucosa in ulcerative colitis and their presence in colonic carcinoma

Yuji Toyama, Akira Mizoguchi, Kazushi Kimura, Toshimitsu Araki, Shigeyuki Yoshiyama, Kouhei Sakaguchi, Chikao Miki, Masato Kusunoki

World J Gastroenterol 2005;11(33):5151-5155
2005

技術 AceGene 種別 研究テーマ

Gene expression profiles in peripheral blood mononuclear cells from patients with subacute sclerosing panencephalitis using oligonucleotide microarray.

Megumi Takemoto, Ryutaro Kira, Koichi Kusuhara, Hiroyuki Torisu, Yasunari Sakai, Toshiro Hara

Journal of NeuroVirology, Vol11, No.3, 2005, pp299-305
2005

技術 AceGene 種別 研究テーマ

Recapitulation of in vivo gene expression during hepatic differentiation from murine embryonic stem cells

Yusuke Yamamoto, Takumi Teratani, Hanako Yamamoto ,Gary Quinn,?Sigenori Murata,?Rieko Ikeda,?Kenji Kinoshita,?Kenichi Matsubara, Takashi Kato, Takahiro Ochiya

Hepatology, Volume 42, Issue 3 (September 2005), (p 558-567)
2005

技術 AceGene 種別 研究テーマ

Psychophysiological stress-regulated gene expression in mice

Shigenori Murata, Taeko Yoshiara, Chun Ren Lim, Maiko Sugino, Mitori Kogure, Tatsuya Ohnuki, Toshi Komurasaki, Kenichi Matsubara

FEBS Letters, 579: 2137-2142, 2005
2005

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

Genetic basis of phenotypic plasticity for predator-induced morphological defenses in anuran tadpole, Rana pirica, using cDNA subtraction and microarray analysis

Tsukasa Mori, Ikuei Hiraka, Youichi Kurata, Hiroko Kawachi, Osamu Kishida, Kinya Nishimura

Biochemical and Biophysical Research Communications 330 (2005) 1138-1145
2005

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

Recapitulation of In Vivo Gene Expressuib During Hepatic Differrentiation From Murine Embryonic Stem Cells

Yusuke Ymamoto, Takumi Teratani, Hanko Yamamoto, Gary Quinn, Sigenori Murata, Rieko Ikeda, Kenji Kinoshita, Kenichi Matsubara, Takashi Kato, and Takahiro Ochiya

HEPATOLOGY vol. 42, No.3, 2005
2005

2004年

技術 マイクロアレイ 種別 オリゴ合成 研究テーマ アミノ修飾オリゴヌクレオチド

Synthesis and application of new amino modification analogues for functional oligonucleotide.

Komatsu Y, Kojima N, Nonaka K, Fujinawa Y, Sugino M, Mikami A, Hashida J, Ohtsuka E, Matsubara K.

Nucleic Acids Sym. Ser., 48, 21-22 (2004).
2004

https://academic.oup.com/nass/article-lookup/doi/10.1093/nass/48.1.21

技術 AceGene 種別 研究テーマ

Hypergravity Induces Phosphorylation of p53 at Serine 15, but not an Expression of p53-downstream Genes

Kumio OKAICHI, Miwa IDE, Aya Usui, and Yutaro OKUMURA

J. Radiat. Res., 45, 399-403 (2004)
2004

技術 AceGene 種別 研究テーマ

MRP-1/CD9 gene transduction downregulates Wnt signal pathways

Cheng-long Huang, Dage Liu, Daiki Masuya, Kotaro Kameyama, Takashi Nakashima, Hiroyasu Yokomise, Masaki Ueno and, Masayuki Miyake

Oncogene, Volume 23, Number 45, pp7475-7483, 2004
2004

技術 AceGene 種別 研究テーマ

Overexpression of PDZK1 within the 1q12-q22 Amplicon Is Likely To Be Associated with Drug-Resistance Phenotype in Multiple Myeloma

Jun Inoue, Takemi Otsuki, Akira Hirasawa, Issei Imoto, Yoshinobu Matsuo, Shiroh Shimizu, Masafumi Taniwaki, and Johji Inazawa

American Journal of Pathology, Vol.165, No.1, 2004, pp71-81
2004

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

Prepro-tachykinin gene expression in the brain of the honeybee Apis mellifera

Hideaki Takeuchi, Akikazu Yasuda, Yoshimi Yasuda-Kamatani, Miyuki Sawata, Yuko Matsuo,?Azusa Kato,?Atsumi Tsujimoto, Terumi Nakajima, Takeo Kubo

Cell Tissue Res (2004) 316:281-293
2004

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

Identification of Differentially Expressed Genes Involved in Colorectal Carcinogenesis Using a cDNA Microarray

T. Komori, I. Takemasa, H. Higuchi, M. Yamasaki, M. Ikeda, H. Yamamoto, M. Ohue, S. Nakamori, M. Sekimoto, K. Matsubara and M. Monden

J Exp Clin Cancer Res. 2004 Sep;23(3):521-7
2004

2003年

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

Gene expression profiling of mouse postnatal cerebellar development using cDNA microarrays.

Lim, C.R., Fukakusa, A. and?Matsubara, K.

(accepted by the journal of GENE special issue "Molecular Evolution"2003)
2003

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

Impairment of the DNA binding activity of the TATA-binding protein renders the transcriptional function of Rvb2p/Tih2p, the yeast RuvB-like protein,

Ohdate, H.,?Lim, C.R., Kokubo, T.,?Matsubara, K., Kimata, Y. and Kohno, K.

essential for cell growth. J Biol Chem 278 (2003) 14647-56.
2003

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

cDNA microarray analysis of individual Duchenne muscular dystrophy patients

Noguchi S, Tsukahara T, Fujita M, Kurokawa R, Tachikawa M, Toda T, Tsujimoto A, Arahata K, Nishino I

Hum. Mol. Genetics, 12:595-600, 2003
2003

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

A Bayesian missing value estimation method for gene expression profile data

Shigeyuki Oba, Masa-aki Sato, Ichiro Takemasa, Morita Monden, Ken-chi Matsubara and Shin Ishii

Oxford Universiry Press Bioinformatics vol.19 nNo.16, 2003
2003

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

A novel feature of microsatellites in plants : a distribution gradient along the direction of transcription

Shigeo Fujimori, Takanori Washio, Kenichi Higo, Yasuhiro Ohtomo, Kazuo Murakami, Kenichi Matsubara, Jun Kawai, Piero Carninci, Yoshihide Hayashizaki, Shoshi Kikuchi, Masaru Tomita

FEBS Letter 554, 2003
2003

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

DNA alterations during multi-step development of human hepatocellular carcinomas revealed by laser capture microdissection

Hisaki Nagai, Mitsuru Emi, Yoshie Terada, Masaru Baba, Masashi Shimizu, Noboru Konishi, Shuichi Kaneko, Kenichi Kobayashi, Yasuhiro umoto, Mohammed Ghazizadeh, Oichi Kawanami, Kenichi Matsubara

Hepatology Research Hepatology Research 26, 2003
2003

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

Collection, Mapping, and Annotation of Over 28,000 cDNA Clones from japonica Rice

National Institute of Agrobiological Sciences Rice Full-Length cDNA Project Team: Shoshi Kikuchi, Kouji Satoh, Toshifumi Nagata, Nobuyuki Kawagashira, Koji Doi, Naoki Kishimoto, Junshi Yazaki, Masahiro Ishikawa, Hitomi Yamada, Hisako Ooka, Isamu Hotta, Keiichi Kojima, Takahiro Nmki, Eisuke Ohneda, Wataru Yahagi, Kohji Suzuki, Chao Jie Li, Kenji Ohtsuki, Toru Shishiki; Foundation of Advancement of International Science Genome Sequencing & Analysis Group: Yasuhiro Otomo, kazuo Murakami, Yoshiharu Iida, SumioSugano, Tatsuto Fujinura, Yutaka Suzuki, Yuki Tsunoda, Takashi Kurosaki, Takeko Kodama, Hiromi Masuda, Michie Kobayashi, Quihong Xie, Min Lu, Ryuya Narikawa, Akio Sugiyama, Kouichi Mizuno, Satoko Yokomizo, JunkoNiikura, Rieko Ikeda, Junya Ishibbiki, Midori Kawamata, Akemi Yoshimura, Junichirou Miura, takahiro Kusumegi, Mitsuru oka, Riasaa Ryu, Mariko Ueda, Kenichi Matsubara; RIKEN: Jun Kawai, Piero Carninci, Jun Adachi, Katsunori Aizawa, Takahiro Arakawam Shiro Fukuda, Ayako Hara, Wataru Hasgudume, Norihito Hayatsu, Koichi Imotani, Yoshiki Ishii, Masayoshi Itoh, Ikuko Kagawa, Shinji Kondo, Kedeaki Konno, Ai Miyazakim Naoki Osatot, Yoshimi Ota, Rintaro Saito, Daisuke Sasaki, Kenjiro Sato, Kazuhiro Shibata, AkiraShinagawa, Toshiyuki Shiraki, Masayasu Yoshino, Yoshihide Hayashizaki

Science, vol. 301, No.5631, 2003
2003

2002年

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

Identification of genes expressed preferentially in the honeybee mushroom bodies by combination of differential display and cDNA microarray.

Takeuchi H, Fujiyuki T, Shirai K, Matsuo Y, Kamikouchi A, Fujinawa Y, Kato A, Tsujimoto A, Kubo T.

FEBS Letters, 513:230-234, 2002
2002

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

A microarray-based method for detecting methylated loci.

Hatada I, Kato A, Morita S, Obata Y, Horii A, Sato M, Sakurada A, Nagaoka K, Tsujimoto A, Matsubara K., J. Hum.

Genetics, 47:448-451, 2002
2002

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

In vitro selection of hairpin ribozymes activated with short oligonucleotides.

Komatsu, Y., Nobuoka, K., Karino-Abe, N., Matsuda, A. and Ohtsuka, E.

Biochemistry, 41, 9090-9098 (2002).
2002

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

Expression profile of active genes in the human pituitary gland

S Tanaka, K Tatsumi, K Okubo, K Itoh, S Kawamoto, K Matsubara and N Amino

Journal of Molecular Endocrinology No. 28, 2002
2002

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

Modulation of polyglutamine-induces cell death by genes idenitified by expression profiiling

Hiroko Kita, Jenny Carmicheal, Jina Swartz, Shizuko Muro, Andreas Wyttenbach, Kenichi Matsubara, David C. Rubinsztein and Kikuya Kato

Oxford Universiry Press Human Molecular Genetics, 2002, vol,11, no. 19
2002

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

Molecular classification of primary breast tumors possessing distinct prognostic properties

Kyoko Iwao, Ryo Matoba, Noriko Ueno, Akiko Ando, Yasuo Miyoshi, Kenichi Matsubra, Shinzaburo Noguchi and Kikuya Kato

Oxford Universiry Press Human Molecular Genetics, 2002, vol,11, no. 2
2002

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

Missing Value Estimation Using Mixture of PCAs

Shigeyuki Oba, Masa-aki Sato, Ichiro Takemasa, Morita Monden, Kenichi Matsubara and Shin Ishii

Artificial Neural Networks ICANN 2002
2002

2000年

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

Construction of new ribozymes requiring short regulator oligonucleotides as a cofactor.

Komatsu, Y., Yamashita, S., Kazama, N., Nobuoka, K. and Ohtsuka, E.

J. Mol. Biol. 299, 1231-1243 (2000).
2000

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

Regulation of ribozyme cleavage activity by oligonucleotides. “Catalytic Nucleic Acid Protocols”

Komatsu, Y. and Ohtsuka, E.

Methods in Molecular Biology 252, 165-177.

研究協力論文(Acknowledgements等記載あり)

2019年

技術 マイクロアレイ 種別 CGH 研究テーマ バレット食道癌

Host factors influence Barrett’s carcinogenesis: findings from a mouse gastroduodenal reflux model

Kanai S, Mukaisho KI, Yoshida S, Taniura N, Sugihara H.

Esophagus. 2019 Jul;16(3):264-271.
2019

https://link.springer.com/article/10.1007/s10388-019-00660-5

2018年

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ イヌ、小腸粘膜

Gene expression profiles of the small intestinal mucosa of dogs repeatedly infected with the cestode Echinococcus multilocularis.

Kouguchi H, Irie T, Matsumoto J, Furuoka H, Ishiwata K, Nakao R, Yagi K.

Data Brief. 2018 Jan 6;17:180-183.
2018

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2352340918300076

2017年

技術 次世代シークエンス 種別 RNA-seq、メチル化統合解析 研究テーマ アルドステロン産生腺腫

Molecular characteristics of the KCNJ5 mutated aldosterone-producing adenomas.

Murakami M, Yoshimoto T, Nakabayashi K, Nakano Y, Fukaishi T, Tsuchiya K, Minami I, Bouchi R, Okamura K, Fujii Y, Hashimoto K, Hata KI, Kihara K, Ogawa Y.

Endocr Relat Cancer. 2017 Oct;24(10):531-541. doi: 10.1530/ERC-17-0117. Epub 2017 Jul 26. PubMed PMID: 28747387.
2017

https://doi.org/10.1530/ERC-17-0117

2016年

技術 マイクロアレイ、
リアルタイムPCR
種別 遺伝子発現 研究テーマ ES細胞、iPS細胞

Enrichment of Pluripotent Stem Cell-Derived Hepatocyte-Like Cells by Ammonia Treatment.

Tomotsune D, Hirashima K, Fujii M, Yue F, Matsumoto K, Takizawa-Shirasawa S, Yokoyama T, Sasaki K.

PLoS One. 2016 Sep 15;11(9):e0162693. doi: 10.1371/journal.pone.0162693. eCollection 2016.
2016

http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0162693

2015年

技術 マイクロアレイ、
リアルタイムPCR
種別 遺伝子発現 研究テーマ 造血幹細胞

CLEC-2 in megakaryocytes is critical for maintenance of hematopoietic stem cells in the bone marrow. Correction: CLEC-2 in megakaryocytes is critical for maintenance of hematopoietic stem cells in the bone marrow.

Nakamura-Ishizu A, Takubo K, Kobayashi H, Suzuki-Inoue K, Suda T.

J Exp Med. 2015 Nov 16;212(12):2133-46. doi: 10.1084/jem.20150057. Epub 2015 Nov 9.
2015

http://jem.rupress.org/content/212/13/2323

2014年

技術 次世代シークエンス、
マイクロアレイ
種別 miRNA 研究テーマ 自己免疫性糸球体腎炎

Decreased miR-26a Expression Correlates with the Progression of Podocyte Injury in Autoimmune Glomerulonephritis.

Ichii O, Otsuka-Kanazawa S, Horino T, Kimura J, Nakamura T, Matsumoto M, Toi M, Kon Y.

PLoS One. 2014 Oct 17;9(10):e110383. doi: 10.1371/journal.pone.0110383. eCollection 2014.
2014

http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0110383

2013年

技術 マイクロアレイ、
リアルタイムPCR
種別 遺伝子発現、miRNA 研究テーマ エキソソーム

Neutral sphingomyelinase 2 (nSMase2)-dependent exosomal transfer of angiogenic microRNAs regulate cancer cell metastasis.

Kosaka N, Iguchi H, Hagiwara K, Yoshioka Y, Takeshita F, Ochiya T.

J Biol Chem. 2013 Apr 12;288(15):10849-59.
2013

http://www.jbc.org/content/288/15/10849.long

2011年

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ カニクイザル、チトクロームP450

Expression Profile of Hepatic Genes in Cynomolgus Macaques Bred in Cambodia, China, and Indonesia: Implications for Cytochrome P450 Genes.

Ise R, Nakanishi Y, Kohara S, Yamashita H, Yoshikawa T, Iwasaki K, Nagata R, Fukuzaki K, Utoh M, Nakamura C, Yamazaki H, Uno Y.

Drug Metab Pharmacokinet. 2012;27(3):307-16. Epub 2011 Dec 13.
2011

https://www.jstage.jst.go.jp/article/dmpk/27/3/27_DMPK-11-RG-133/_article

2010年

技術 マイクロアレイ 種別 CGH 研究テーマ 胃癌

Lineage analysis of early and advanced tubular adenocarcinomas of the stomach: continuous or discontinuous?

Nakayama T, Ling ZQ, Mukaisho K, Hattori T, Sugihara H.

BMC Cancer. 2010 Jun 21;10:311. doi: 10.1186/1471-2407-10-311.
2010

https://bmccancer.biomedcentral.com/articles/10.1186/1471-2407-10-311

総説(著書・編著)

2018年

技術 NOIR-SS 種別 NOIR-SS 研究テーマ NOIR-SS

A 次世代シークエンス-based liquid biopsy gene panel assay with molecular barcode technology.

Sato Y, Ykukita Y, Matoba R, Kato K

日本薬学会 第138年会、第4回国際創薬シンポジウム
2018

ポスター発表

2017年

技術 リウマチェック 種別 リウマチェック 研究テーマ リウマチェック

関節リウマチ患者に対するTNF阻害薬の治療効果と関連する遺伝子発現シグネチャの同定

中村 誠二、鈴木 勝也、亀田 秀人、天野 宏一、竹内 勤

第61回 日本リウマチ学会総会・学術集会
2017

ポスター発表

技術 ミツバチ病検査 種別 ミツバチ病検査 研究テーマ ミツバチ病検査

多項目ミツバチ病を検出する検査キットの開発

石澤 洋平、上田 由美、平賀 育英、芳山 三喜雄、木村 澄

ミツバチサミット2017
2017

ポスター発表

技術 うつ病 種別 うつ病 研究テーマ うつ病

うつ病を検出可能な血液遺伝子発現バイオマーカーの同定

中村 誠二、堀 弘明、石澤 洋平、松原 謙一、的場 亮、功刀 浩

第39回 日本生物学的精神医学会・第47回 日本神経精神薬理学会 合同年会
2017

ポスター発表

2016年

技術 TBONE EX KIT 種別 TBONE EX KIT 研究テーマ TBONE EX KIT

Application of Non-powdering Sample Pre-Treatment Method for Bone and Tooth

小鳥遊 景泰

ANZFSS(Australian and New Zealand Forensic Science Society)
2016

ポスター発表

技術 C3チェック 種別 C3チェック 研究テーマ C3チェック

Evaluating of cultured human mesenchymal stem cells using custom array CGH analysis

Ito N, Akutsu H, Takada F, Iijima H, Sato M, Matoba R

第15回日本再生医療学会総会(2016年)
2016

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

The detection of genomic copy number variation from single human iPS cells using array CGH

0

the International Conference on Single Cell Research 2016
2016

ポスター発表

技術 C3チェック 種別 C3チェック 研究テーマ C3チェック

マイクロアレイを用いた1細胞からのゲノムコピー数異常の検出

0

日本組織培養学会第89回大会
2016

ポスター発表

技術 C3チェック 種別 C3チェック 研究テーマ C3チェック

自己軟骨細胞シートのための統合的評価法の開発

畑 隼平

再生医療プログラム間連携のための情報交換会(AMED)
2016

ポスター発表

2014年

技術 免疫年齢 種別 免疫年齢 研究テーマ 免疫年齢

加齢を反映する遺伝子発現バイオマーカーの探索

畑 隼平

第37回日本分子生物学会年会
2014

ポスター発表

2013年

技術 C3チェック 種別 C3チェック 研究テーマ C3チェック

The safety evaluation of stem cells using array CGH analysis - the custom array CGH analysis detecting of Copy Number Variation for regenerative medicine -

伊東 紀子、阿久津 英憲、梅澤 明弘、的場 亮

第36回 日本分子生物学会年会 (2013年)
2013

ポスター発表

2012年

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

BAP1遺伝子の上皮型悪性中皮腫での高頻度欠失

吉川 良恵、江見 充、佐藤 秀則、森永 伴法、久保 秀司、佐藤 鮎子、辻村 亨、長谷川 誠紀、中野 孝司、玉置(橋本) 知子

第70回 日本癌学会学術総会(2012年、札幌)
2012

ポスター発表

技術 C3チェック 種別 C3チェック 研究テーマ C3チェック

The safety evaluation of stem cells using array CGH analysis

伊東 紀子、阿久津 英憲、梅澤 明弘、的場 亮

第35回 日本分子生物学会年会 (2012年)
2012

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

悪性中皮腫におけるBAP1遺伝子欠失のMLPA法での詳細解析

江見 充、佐藤 秀則、吉川 良恵、森永 伴法、久保 秀司、佐藤 鮎子、辻村 亨、長谷川 誠紀、中野 孝司、玉置(橋本) 知子

第70回 日本癌学会学術総会(2012年、札幌)
2012

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

山形コホートにおける正常圧水頭症者のSFMBT1 およびCES1P1 遺伝子のCNV 解析

佐藤 秀則、加藤 丈夫、伊関 千書、高橋 賛美、和田 学、川並 透、江見 充

第57回 日本人類遺伝学会 (2012年、東京)
2012

ポスター発表

2011年

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

Copy Number Variation (CNV)の網羅的検索による癌のゲノム異常の解析

村上 善則、斎藤 光江、江見 充

第56回日本人類遺伝学会,千葉, 2011.
2011

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

Identification of molecular targets involved in the development and progression of breast cancer.

Takahashi Y, Iwai M, Kawai T, Arakawa A, Ito T, Sakurai-Yageta M, Ito A, Goto A, Ito N, Emi M, Saito M, Kasumi F, Murakami Y

日本癌学会総会,名古屋, 2011.
2011

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

Strategic exome, whole genome and transcriptome sequencing to identify novel candidates in common and rare diseases

ダニエル シュウー、江見 充

第56回 日本人類遺伝学会 (2011年)
2011

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

弧発性パーキンソン病患者における染色体サブテロメア領域での高頻度なコピー数欠失

佐藤 秀則、江見 充、荒若 繁樹、和田 学、川並 透、加藤 丈夫

遺伝医学合同学術集会 京都, 2011
2011

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

弧発性筋萎縮性側索硬化症におけるIDI遺伝子領域のコピー数変化

加藤 丈夫、江見 充、佐藤 秀則、豊島 至、祖父江 元、松原 謙一

遺伝医学合同学術集会 京都, 2011
2011

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

受精後転座による両親由来の派生Xの形成とXXYレスキューの考察

坂爪 悟、原田 直樹、城戸 康宏、大橋 博文、佐藤 秀則、江見 充、永井 敏郎、久保田 健夫

第56回 日本人類遺伝学会 (2011年)
2011

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

成人期疾患-CNV解析からのアプローチ

江見 充

遺伝医学合同学術集会 京都, 2011
2011

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

染色体サブテロメア領域における孤発性パーキンソン病患者での高頻度なコピー数欠失

江見 充、佐藤 秀則、荒若 繁樹、和田 学、川並 透、加藤 丈夫

第56回 日本人類遺伝学会 (2011年)
2011

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

多系統委縮症(MSA)におけるSHC2遺伝子コピー数(CNV)異常

石井 美穂、江見 充、飯島 寛、伊東 紀子、佐藤 秀則、加藤 丈夫、矢部 一郎、佐々木 秀直

第56回 日本人類遺伝学会 (2011年)
2011

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

特発性正常圧水頭症のリスク遺伝子の探索

加藤 丈夫、佐藤 秀則、江見 充、伊関 千書、高橋 賛美、和田 学、荒若 茂樹、川並 透

第12回正常圧水頭症研究会 (2011年)
2011

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

放射線治療晩期有害反応発症者における CNV のゲノムワイド解析

佐藤 秀則、菅 智,今井 高志、飯島 寛、石井 美穂、江見 充

第56回 日本人類遺伝学会 (2011年)
2011

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

放射線治療晩期有害反応発症者における16番染色体短腕のコピー数多型

菅 智、佐藤 秀則、江見 充、石井 美穂、飯島 寛、今井 高志

第56回 日本人類遺伝学会 (2011年)
2011

ポスター発表

2010年

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

CNV:ゲノムコピー数多型   -ダイナミックなゲノム構造変化と疾患研究-

江見 充

第55回 日本人類遺伝学会 ランチョンセミナー (2010年)
2010

ランチョンセミナー

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

CNV解析による一卵性双生児の個人識別

伊澤 光、堤 博文、小室 歳信、伊東 紀子、佐藤 秀則

第94次日本法医学会学術全国集会(2010年)
2010

口頭発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

CNV解析による一卵性双生児の個人識別(第2報)

伊澤 光、堤 博文、小室 歳信、伊東 紀子、佐藤 秀則、江見 充

日本法医学会学術関東地方集会 (2010年)
2010

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

CNV多様性と散在性反復配列のゲノム構造における関連性

佐藤 秀則、加藤 丈夫、石井 美穂、飯島 寛、伊東 紀子、江見 充

第55回 日本人類遺伝学会 (2010年)
2010

口頭発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

deCODE次世代シーケンシング -全エクソンの80x カバレージとFASTAアッセンブリング-

Daniel Siu(deCODE Genetics Inc. Iceland)

第55回 日本人類遺伝学会 ランチョンセミナー (2010年)
2010

ランチョンセミナー

技術 免疫年齢 種別 免疫年齢 研究テーマ 免疫年齢

RNAチェックによる未病診断の可能性

石澤 洋平

第17回日本未病システム学会学術総会
2010

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

X;15染色体転座例におけるX染色体不活化の常染色体波及領域と転座の発生機転

坂爪 悟、佐藤 秀則、中西 克実

第55回 日本人類遺伝学会 (2010年)
2010

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

一卵性双生児における差異の同定-CNV解析による試み-

伊東 紀子

DNA鑑定学会 第3回大会 (2010年)
2010

口頭発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

新たなゲノム構造多型から見た今後の遺伝学の展望

江見 充

兵庫医科大学 大学院 特別講演 (2010年)
2010

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

腎尿路形態異常のCNV解析:分節重複構造で挟まれたヘテロ欠失の同定

伊東 紀子、江見 充、佐藤 秀則、石井 美穂、飯島 寛、中山 真紀子、飯島 一誠

第55回 日本人類遺伝学会 (2010年)
2010

口頭発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

特発性正常圧水頭症(iNPH):病態研究最近の進歩 疫学研究:iNPH とAVIM(エイビム)

加藤 丈夫、伊関 千書、高橋 賛美、和田 学、川並 透、佐藤 秀則、江見 充

第51回 日本神経学会総会 (2010年)
2010

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

日本人特異的CNVの探索  - PennCNVによる日本人集団のCNV解析と他人種CNVとの比較 -

石井 美穂、佐藤 秀則、飯島 寛、伊東 紀子、加藤 丈夫、江見 充

第55回 日本人類遺伝学会 (2010年)
2010

口頭発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

分節重複領域(Segmental duplications)とCNV多型の位置構造関係

飯島  寛、佐藤 秀則、石井 美穂、伊東 紀子、加藤 丈夫、江見  充

第55回 日本人類遺伝学会 (2010年)
2010

口頭発表

2009年

技術 GE 種別 遺伝子発現 研究テーマ GE

マウスにおけるクロレラ摂取効果の遺伝子発現解析

小林みちえ、藤島雅基、荒川ゆかり、溝口亨、的場亮、松原謙一

第32回分子生物学会総会
2009

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

CNV (Copy Number Variation) research:our effort at DNA Chip Research Institute

Emi M

International Workshop on Molecular Epidemiology Seoul, 2009
2009

セミナー

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

CNV(遺伝子コピー数多型) -遺伝学と疾患研究の現状-

江見 充

第33回 日本遺伝カウンセリング学会 モーニングレクチャー (2009年)
2009

モーニングレクチャー

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

CNV(遺伝子コピー数多型)の現況-解析技術の進歩と変貌を遂げる概念-

江見 充

第16回 日本遺伝子診療学会大会 シンポジウム (2009年)
2009

シンポジウム

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

CNV:コピー数多型-解析手法と疾患研究

江見 充

ゲノム医学セミナーin横浜 (2009年)
2009

セミナー

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

Comprehensive Genome Analysis by various CNV technologies.

江見 充

第67回 日本癌学会学術総会 ランチョンセミナー (2009年)
2009

ランチョンセミナー

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

DNAcopy(CBSアルゴリズム)を用いたゲノムワイドCNV解析の試み

石井 美穂、佐藤 秀則、飯島 寛、伊東 紀子、加藤 丈夫、江見 充

第54回 日本人類遺伝学会 (2009年)
2009

口頭発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

オリゴCGH-CNVアレイによる日本人CNVのゲノムワイド解析

飯島 寛、佐藤 秀則、石井 美穂、伊東 紀子、飯島 一誠、加藤 丈夫、江見 充

第54回 日本人類遺伝学会 (2009年)
2009

口頭発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

オリゴヌクレオチドアレイCGHデータを用いた3種の解析アルゴリズムを用いたがんゲノム解析

佐藤 秀則、伊東 紀子、飯島 寛、石井 美穂、江見 充

第68回 日本癌学会学術総会
2009

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

コピー数多型(CNV)-新しいゲノム構造多型における最近の進歩-

江見 充

山形大学グローバルCOEプログラム・平成21年度 国際シンポジウム~分子疫学の国際教育研究ネットワークの構築~ (2009年)
2009

シンポジウム

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

レット症候群一卵性双生児間ゲノム・エピゲノム比較解析による重症度差異関連発達障害遺伝子の探索

大堀 健太、楊 春妹、宮成 悠介、佐藤 秀則、遠藤 和志、江見 充、佐々木 裕之、久保田 健

第32回 日本神経科学会 (2009年)
2009

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

一卵性双生児ゲノムpair間のCNV差異の探索

伊東 紀子、江見 充、佐藤 秀則、石井 美穂、飯島 寛、加藤 丈夫、佐々木 秀直

第54回 日本人類遺伝学会 (2009年)
2009

口頭発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

新しいDNA多型 CNV(ゲノムコピー数多型)-解析技 術の現状と疾患との関連-

江見 充

北海道大学 第5回 臨床遺伝子診療部講演会 (2009年)
2009

セミナー

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

統合的CNV-SNP解析-PennCNVによる日本人集団のCNV解析-

佐藤 秀則、石井 美穂、飯島 寛、伊東 紀子、加藤 丈夫、江見 充

第54回 日本人類遺伝学会 (2009年)
2009

口頭発表

2008年

技術 ハイブリ先生 種別 ハイブリ先生 研究テーマ ハイブリ先生

DNAチップを用いた新しい遺伝子教育教材「ハイブリ先生」の開発

石澤 洋平

第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会
2008

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

GPR158遺伝子上のCNV(コピー数多型)の同定

飯島 寛、江見 充、佐藤 秀則、石井 美穂

第53回 日本人類遺伝学会 (2008年)
2008

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

PTPRN2遺伝子上のCNV(コピー数多型)の同定

佐藤 秀則、江見 充、飯島 寛、石井 美穂

第53回 日本人類遺伝学会 (2008年)
2008

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

SLC25A24遺伝子5’領域上のCNV(コピー数多型)の同定

石井 美穂、江見 充、佐藤 秀則、飯島 寛

第53回 日本人類遺伝学会 (2008年)
2008

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

第4染色体長腕上96.3kbのCNV領域の同定:ANAPC10、ABCE1、OTUD4遺伝子のコピー数多型

伊東 紀子、江見 充、佐藤 秀則、飯島 寛、石井 美穂

第53回 日本人類遺伝学会 (2008年)
2008

ポスター発表

技術 CGH 種別 CGH 研究テーマ CGH

第9染色体長腕上196.5KbのCNV領域の同定:EHMT1、CACNA1B遺伝子のコピー数多型

江見 充、佐藤 秀則、石井 美穂、飯島 寛

第53回 日本人類遺伝学会 (2008年)
2008

ポスター発表

2007年

技術 ハイブリ先生 種別 ハイブリ先生 研究テーマ ハイブリ先生

BMB2007フォーラム「遺伝子リテラシー教育の新展開」新しい遺伝子教育教材の開発~DNAチップを使用した遺伝子解析~

石澤 洋平

第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会
2007

口頭発表

2006年

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

機能性RNAの発現プロファイリング技術

村田成範,堀邦夫

ゲノム医学10月号.6(3): 65-68 (289-292), 2006
2006

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

2003年

DNAチップと周辺技術開発

小松 康雄

OplusE, 25, 528 -532 (2003).
2003

2002年

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

DNAマイクロアレイを用いたコムギ穎花分化期における遺伝子発現モニタリング

飯田竜資・川浦香奈子・村井耕二・辻本敦美・荻原保成

育種研究、4(別冊1):47、2002.
2002

2001年

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

コムギのオルガネラゲノム科学I.葉緑体DNAマイクロアレーを用いた色素体遺伝子発現のモニタリング

荻原保成・堀米健二郎・川浦香奈子・百合野以子・早川克志・辻本敦美

育種学研究、3(別冊1):45、2001.
2001

2000年

技術 cDNA、
カスタムアレイ
種別 研究テーマ

筋ジストロフィー及び関連疾患の臨床病態解明と治療法開発に関する研究 ヒト筋 cDNAマイクロアレイの作製とマイクロアレイによる筋発現遺伝子の解析

荒畑喜一, 塚原俊文, 平瀬正樹,?辻本敦美, 森下真一, 瀬々潤

厚生省精神・神経疾患研究委託費による11年度研究報告集pp511, 2000
2000

学会・セミナー発表

2017年

技術 次世代シークエンス、
EGFR-NGSチェック
種別 遺伝子パネル、 研究テーマ 肺癌

EGFR-次世代シークエンスチェック~次世代シーケンシングによる非浸襲性肺癌遺伝子検査法~

上田 由美、加藤 菊也

リキッドバイオプシー ―体液中腫瘍マーカーの検出・解析技術―(シーエムシー出版)
2017

https://www.cmcbooks.co.jp/products/detail.php?product_id=5313

技術 次世代シークエンス 種別 遺伝子パネル 研究テーマ リキッドバイオプシー

血中腫瘍DNA~研究開発の現状

加藤 菊也

リキッドバイオプシー ―体液中腫瘍マーカーの検出・解析技術―(シーエムシー出版)
2017

https://www.cmcbooks.co.jp/products/detail.php?product_id=5313

2016年

技術 マイクロアレイ、
C3チェック
種別 CGH 研究テーマ ES細胞

再生医療等製品の品質管理と間葉系幹細胞に特化した品質評価用アレイCGH解析

伊東 紀子、的場 亮

「月刊 PHARM STAGE」2016年1月号(技術情報協会)巻数:第15巻号数:第10号ページ数:P5~P8
2016

2013年

技術 マイクロアレイ、
C3チェック
種別 CGH 研究テーマ ES細胞

新しい評価法としてのアレイCGH法

伊東 紀子、佐藤 正人、的場 亮、梅澤 明弘

幹細胞医療の実用化技術と産業展望(シーエムシー出版)第7章 品質評価
2013

技術 DNA抽出試薬 種別 TBONE EX KIT 研究テーマ DNA抽出

劣化した骨・歯牙からDNA を鑑定するキット

石澤 洋平

JST産学官連携ジャーナル(Vol.9 No.7 2013)
2013

2011年

技術 総論 種別 CGH、CNV 研究テーマ

ゲノムコピー数多型解析 (CNV) と疾患研究、全ゲノム関連解析と内分泌疾患

佐藤 秀則、江見 充

ホルモンと臨床, 2011.
2011

https://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I023773225-00

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ リキッドバイオプシー

コホート研究とRNAチェック

松原 謙一、中村 誠二、的場 亮

2011年37巻10月臨時増刊号(通巻487号) Vol 37(12), 2011 p31-33
2011

技術 マイクロアレイ 種別 CGH、CNV 研究テーマ 多系統萎縮症

多系統萎縮症の新しい発症メカニズム

佐々木 秀直、江見 充

医学のあゆみ, 2011.
2011

http://www.pieronline.jp/content/issue/0039-2359/239120

技術 マイクロアレイ 種別 遺伝子発現 研究テーマ 運動性疲労

末梢血 RNA に現れる疲労

中村 誠二、小林 みちえ、杉野 友啓、的場 亮、松原 謙一

日本疲労学会会誌第6巻2号 p26-32
2011

2010年

技術 マイクロアレイ、
ConPathチップ
種別 遺伝子発現 研究テーマ

パスウェイ解析用オリゴチップConPath

石川 円/石澤 洋平/的場 亮

バイオチップ実用化ハンドブック(2010年4月8日、株式会社エヌ・ティー・エス)
2010

技術 マイクロアレイ 種別 CGH、CNV 研究テーマ CGH

遺伝子診療学研究の進歩 CNV(Copy Number Variation)

江見 充

『日本臨床』2010年増刊 遺伝子診療学-遺伝子診断の進歩とゲノム治療の展望-
2010

http://www.nippon-rinsho.co.jp/backnum/z_mokuji/6808idensi.html

2009年

技術 マイクロアレイ 種別 CGH、CNV 研究テーマ CGH

CNV :コピー数多型 -新しいゲノム構造異常、その解析手法と疾患研究-

佐藤 秀則、石井 美穂、飯島 寛、伊東 紀子、江見 充

日本遺伝カウンセリング学会誌 第30巻 2
2009

https://mol.medicalonline.jp/archive/search?jo=dg8genco&ye=2009&vo=30&issue=2