製品

関節リウマチ問診システム iRIS(アイリス)

監修:慶應義塾大学医学部リウマチ内科教授 竹内 勤先生

1.iRISの特徴

  1. 関節リウマチのスムースな診察をサポートする、iPad環境で稼働する問診ソフトウェアです。
  2. 医療機関における関節リウマチの診察現場においてご活用いただけます。外来待合の際に患者様に問診票をご入力いただき、診察時に医師が関節評価等の診察結果を入力することで、各種指標値をその場で確認できるアプリです。
    ※導入病院拡大中
  3. 収集したデータは電子媒体で保管されるため、各種臨床研究のための情報収集や解析にもご活用いただけます。
    ※製品(iRIS)のカスタマイズ受託開発、その他モバイルアプリケーションの受託開発、モバイルアプリケーションと連動したデータの管理用データベース等の受託開発も行っております。ご要望の際は下記サポートセンターまでお問い合わせください。

2.患者用入力画面

  • 関節リウマチの問診票を患者様ご自身で入力
  • 診察前に待合室で朝のこわばり時間や症状の度合いなどをタッチで入力
  • 診察前の数分でどなたでも簡単に入力可能
  • 文字も大きく見やすいためご高齢の方にも好評
※クリックすると拡大画像をご覧いただけます
iRIS 患者用入力画面1 iRIS 患者用入力画面2 iRIS 患者用入力画面3 iRIS 患者用入力画面4

3.医師用入力画面

  • 指標値自動計算、履歴で診察をサポート
  • 患者様を診察しながら圧痛や腫脹の入力が可能
  • 検査値(CRP、ESRなど)の入力で、DAS28、CDAI、SDAI
    などの指標値を自動計算
  • 診察履歴の一覧表示により、各種臨床指標の経過情報を確認
※クリックすると拡大画像をご覧いただけます
iRIS 患者用入力画面5 iRIS 患者用入力画面6 iRIS 患者用入力画面7

お問い合わせ

iRISに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームまたは下記窓口までお願い致します。

サポートセンター(平日9:30~17:30)
TEL:03-5777-1687FAX:03-5777-1689