トップへ

ニュース

肺がんコンパクトパネル事業展開の業務提携に関するお知らせ

 当社は、 2021年9月21日開催の取締役会において、以下のとおり、合同会社ジーンメトリ ックス株式会社(日本モリマーグループ)との間で、肺がんコンパクトパネル事業展開の業務提携について決議いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

 当社は、次世代シークエンス技術による遺伝子パネル検査の開発に取り組んでおり、肺癌のパネル検査「肺がんコンパクトパネル」(肺癌の複数のドライバー遺伝子に対するがん遺伝子パネル検査)の医療機器製造販売承認および保険収載を目指しております。
 また、合同会社ジーンメトリックス(日本モリマーグループ)は、GM管※(ジーンメトリックス核酸保存液封入容器)組織検体内の核酸を安定的に保存する溶液管を開発し商品化しており、肺がんコンパクトパネル実用化の際には、保存液として欠かせない商品であります。
 本提携では、両社が互いに持つ知見・ノウハウを共用・活用しながら「肺がんコンパクトパネル」の新ラボラトリーを共同で開設し事業化していく予定であります。

※GM管(ジーンメトリックス核酸保存液封入容器)は、ジーンメトリックス社が開発した組織検体内の核酸を室温で長期に渡り安定的に保存する溶液管であり、臨床研究において、肺がんコンパクトパネルの検体採取の際に使用され ております 。肺がんコンパクトパネル実用化の際には前処理のための保存液として欠かせない溶液管であります。

プレスリリースはこちら

プレスリリース