製品

ハイブリ先生に新しい仲間が増えました。可視化反応に特化した白色基板を採用しました。

ハイブリ先生

DNAチップ解析を体験できるキットです。分子生物学の基本的な実験から原理まで、本キットで学習していただけます。
授業時間に合わせた実験プロトコルを準備しております(1日でも実験可能)。実験結果 も見やすく生命科学実習に最適です。

特長

  1. 実験者自身が、DNAチップの作製から結果判定までを実体験!
    ⇒DNAチップに関する技術や知識がぎっしり詰まっています。
  2. 結果判定まで最短1日で実施可能!!
    ⇒本教材のハイブリダイゼーション反応を、最短2時間で実施できるため、1日以内実験もしくは2日間実験を選択できます。
  3. 実験に関わる特殊な機器不要!
    ⇒基板へのスポッティング操作はマイクロピペットで、アルカリフォスファターゼの発色反応により結果はその場で目視にて確認できます。
  4. アルコール代謝に関連するALDH2遺伝子のSNP型をチェック!
    ⇒実験者が自身のゲノムDNAを用いて実験、結果判定します。
  5. DNAチップ実験が、初めての方にもわかりやすいテキスト!
    ⇒実験操作をイラスト入りで分かりやすくガイド、さらにQ&Aや用語集も充実しています。
  6. 可視化反応に特化した白色基板を採用!
    ⇒判定結果の見やすさを追求しました(型番:H0003, H0004)。

【 オススメ活用例 】

高等学校・大学・専門学校などでの学生実習、出前実験授業、市民講座や教員講習会など。

製品情報

【 実験全体の流れ 】

※クリックすると拡大してご覧いただけます。
実験全体の流れ

実験結果写真

【実験時間割りのご提案】

1)1日で実験を行う場合
1日で実験を行う場合
2)2日間に分けて実験を行う場合
2日で実験を行う場合

【白色基板】

実験操作がしやすいように、目印としてトランプ柄をつけました。

【キット内容物】

 3枚セット10枚セット
基板 *3枚10枚
ハイブリカバー **9枚30枚
5 x ブロッキング液100mL
2 x スポッティング液4mL
2 x 溶解液4mL
2 x ハイブリ液4mL
5 x 洗浄液①100mL
5 x 洗浄液②100mL
プローブDNAセット ***4本
PCR用プライマーミックス1本
ポジティブコントロール検出用DNA1本
実験概要1部
簡易実験マニュアル1部
ハイブリ先生実験テキストCD-ROM1枚
*:住友ベークライト社製のオリゴDNA固定化基板(S-BIO)を採用
**:基板1枚につき、ハイブリカバーを3枚使用
***:ALDH2-G、ALDH2-A、ポジティブコントロール、ネガティブコントロール
注:ヒトゲノムDNAの抽出、PCR反応およびアルカリフォスファターゼ検出等ハイブリダイゼーション前後の実験に必要な試薬は、本キットに含まれておりません。本キットの性能を十分に発揮できる推奨試薬をご紹介しておりますので、ハイブリ先生カタログを是非ご覧ください。

【カタログ】

「ハイブリ先生」実習報告」

・白色基板を用いた学生実習編
 ~ 東京テクニカルカレッジ・バイオテクノロジー科 大藤 道衛先生 ~
可視化反応に特化した白色基板を用いた、実施例のご紹介です。東京テクニカルカレッジ・バイオテクノロジー科で行った、学生実習と東洋大学生命科学部で行われた、理科教員研修会の様子をご覧ください。
・SPP(サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト)編
 ~ 栃木県立宇都宮高等学校・栃木県立鹿沼東高等学校 ~
新たな試みの一つとしてDNAチップ研究所では、「栃木県立宇都宮高等学校」および「栃木県立鹿沼東高等学校」、さらには「宇都宮大学バイオサイエンス教育研究センター」と連携して、独立行政法人科学技術振興機構(JST)において実施されております、サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト(SPP)事業を行いました。その内容をご紹介いたします。
本講座では、ハイブリ先生の発展的授業として、宇都宮大学バイオサイエンス教育研究センター松田 勝 准教授ご協力のもと、「メダカの性判別DNAチップ」を作製しました。DNAチップおよびPCRによるメダカのオス・メス判定を行い、実験手法の多様性や有効性を学びました。
・大学編
 ~ 聖マリアンナ医科大学 医学部 生化学講座 ~
2008年度 分子生物学実習で、「ハイブリ先生」を実施しました。
医学部2年生、110名の学生が履修しました実習の内容を紹介いたします。
是非ご覧ください。
・専門学校編
 ~ 東京テクニカルカレッジ・バイオテクノロジー科 大藤 道衛先生 ~
  「ハイブリ先生」は、DNAチップを用いALDH2のSNPタイピングを行う教育教材キットです。教材としての優れた特長は、研究現場で用いられている基板に自分でプローブを結合させてDNAチップを作製し、実験者自身のゲノムDNAを解析できることです。結果の判定には特別な機器を用いず、目視で行えるため教育機関で充分に使用できます。遺伝子発現プロファイルや網羅的SNP解析に広く用いられているDNAチップは、一見、高度で特殊な技術と思われがちですが、本キットを通じハイブリダイゼーションを基盤とした実験原理や得られたデータの意味を実感できます。
・高校編
 ~ 東京学芸大学附属高等学校大泉校舎 齋藤 淳一先生 ~
1年生から3年生までの生物を履修している学生14名が、「ハイブリ先生」を体験しました。
・中学校編
 ~ 千葉県木更津市立木更津第一中学校 小川 博久先生 ~
3年生選択理科の生徒を対象に、休日を1日利用して特別実習を行いました。

販売情報

ハイブリ先生 製品ラインナップ

製品実験可能人数型番
白色基板3枚セット3名H0003
白色基板10枚セット10名H0004
*本製品の価格に関しましては、販売代理店または下記弊社技術サポートセンターまでお問合わせください。
白色基板

注意事項

お問い合わせ

製品に関してのお問い合わせは、弊社営業部、またはサポートセンターまでお願い致します。

技術サポートセンター (平日 9:30 ~ 17:30)
Tel : 03-5777-1688 / Fax : 03-5777-1689
営業部
Tel : 03-5777-1705 / Fax : 03-5777-1689
お問い合わせフォーム