診断


マンマプリントは乳癌の予後予測検査法です。マイクロアレイを用いた遺伝子発現解析であることが特徴です。ここでは、欧米で発信されている情報をもとに、その内容を説明します。

Agendia社のホームページ、パンフレットの内容を要約してお届けします。マンマプリントは研究用の検査であることをどうぞご留意ください。

重要なお知らせ マンマプリントは、FFPEサンプルのみのお取扱いとなりました。
※フレッシュサンプルはお取扱いしておりません。

マンマプリントイメージ
FDA承認2015年2月

マンマプリントイメージ

項目コード 検査項目
B16A1 マンマプリント乳癌予後予測検査(一式)
B16MP マンマプリント乳癌予後予測検査(単体)
B16BP ブループリント分子サブタイピング(単体)

お問い合わせ

MammaPrint(マンマプリント)に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームまたは下記窓口までお願い致します。
MammaPrintサポート (月~金 9:30~17:30)
Tel : 03-5777-1687 / Fax : 03-5777-1689
お問い合わせフォーム